体と心の声に従い自分を整え痛みを治す

2018年前半の最後の日である土曜日、私は“何も”しませんでした。

土曜日は職場は休みの日で、いつもならFeunoに関することなど、時間を惜しむように、具体的に将来に繋がるようなことを、延々としていることが多いです。

しかし、この日は非常に珍しく“何も”しなかったのです。

なぜでしょうか??

それは、私の体や心の声が「何もしない日にした方が良いよ」と言っていたからです。

分かりやすく言えば、“心も体も疲れていた”ということです。

現代では、心身ともに疲れていても、体や心の声を無視して、がんばって活動する人が多いように思います。

そして、結果は出ているけれども、

「心も体も満たされていない」

「幸せではない」

と感じている人が多いように思います。

私はできるだけ、体や心の声に耳を傾けて、それに従うようにしています。

この日、私がしていたことと言えば、ファスティング(断食)明けの食事を作って食べたり、家の片づけや掃除をしたり、大好きな音楽を聴いたり(ハードロックやヘヴィーメタル)、ベランダに出て空をボーっと眺めていたり。

お陰様で、体や心の重さが、少しずつ和らいできました。

体も心も整ってきました。

「整う」とは、「本来の自分に戻る」ということです。

実は、股関節、腰、膝の長引く痛みは、整っている方が早く治っていきます。

整っているとは、ストレスがない状態です。

ストレスがなければ、物事はスムーズに運びます。

細胞の活動も円滑に行われます。

ですので、長引く痛みを早く治したいのであれば、自分を整えることを優先的に行う方が良いのです。

自分を整えるためにすべきことは、次のことです。

1.体や心の声に従う

2.ホッとすること、心地良いことをする

3.好きなことに夢中になる

股関節、腰、膝の長引く痛みを最速最短で治すために、体や心の声に耳を傾けてあげて下さいね!!
(^^)/


股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ