痛みはクセを直す理解があると治っていく!!

股関節、腰、膝の長引く痛みを治すためには、筋肉の無駄な力を抜くことが必要です。

「力を抜く」これ、意外と難しいのです。

私はこれまで、『Feuno』をご利用されている方、病院の患者さん、デイサービスの利用者さんに、力を抜くことの必要性を説明し、実践して頂いています。

その中の多くの方は、「力を抜くことが上手くできない・・・」と言われます。

これは、当然のことなのです。

これまでずっと意識的にも無意識的にも筋肉に力を入れていて、それがクセになっているのですから。

長年身に付いてしまっているクセを直すには、それなりの時間が必要です。

クセを直すとは、別のことをできるようにする、ということです。

「力が入る」というクセを直すということは、「力を抜く」ということをできるようにする、ということです。

ほとんどの人は「力を抜く」ということを実践していくのは、初めてのことです。

初めてのことができるようになるには、練習が必要です。

私は趣味でギターを弾きますが、新しい曲を弾けるようになるためには、それなりの練習量が必要です。

数ヶ月かけて、やっと弾けるようになることも良くあります。

「力を抜く」ことを身に付けようとすることも、このギターの練習と全く同じことです。

繰り返しの練習が必要なのです。

そして、マスターするために数ヶ月かかることも、普通のことなのです。

ですので、無駄な筋肉の力を抜いて長引く痛みを治すには、焦らないことがとても大切なのです。

「力を抜く」ことを、焦らず、コツコツ、地道に、ひたすら、練習する。

これこそが、股関節、腰、膝の長引く痛みを最速最短で根本的に治すための秘訣なのです。

このことを理解しているかどうかが、痛みを治すための重要なカギとなります。

ということで、今日も気楽に「力を抜く」ことを練習していきましょうね!
(^^)/


股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ