「選択の科学」と『痛み』

3年ほど前、
NHK教育テレビで、
「コロンビア白熱教室」
という番組を観ていました。

この番組では、
コロンビア大学の
シーナ・アイエンガー教授の
「選択」についての講義を
観ることができました。

彼女は、
「選択」を研究テーマにし、
『選択の科学/The Art of Choosing』
というタイトルの本を書きました。

私は彼女の話に興味を持ち、
2年ほど前に、
この本を読みました。

この本に書いてあることで、
股関節、腰、膝の痛みなどの
『痛み』の改善にも
役立てそうなことがありました。

このブログで、
少しご紹介しようと
思います。

突然ですが、みなさん、
動物園の動物は、
野生の動物と比べて、
寿命は長いでしょうか?
短いでしょうか?

動物園の動物は、
エサを探したり、
寝床を探したりする必要はなく、
天敵から身を守る必要もありません。

まさに、
天国での生活です。

一方、
野生の動物はその反対で、
エサや寝床を必死に探し、
天敵に襲われる危険と
背中合わせの生活です。

命がけの日々が
続きます。

どちらの寿命が
長いでしょうか?(^^)/

話の流れから、
答えは分かってしまうと思いますが・・・(^_^;)

答えの理由を
是非考えてみて下さいね!(^^)/

つづきは記事「動物園の動物と『痛み』改善のヒント」で!

 
 
※この記事は、
 『Feuno』オフィシャルブログ
 「股関節、腰、膝の痛みで、人生バラ色!」に
 2014年11月20日に投稿したものです
 
 
股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ