認知症予防運動と歩き方の講習♪その1

DSC_2432.jpg

昨日、4月15日(水)、
名古屋市守山区で、
認知症患者さんのご家族を対象に、
認知症改善予防の運動と、
正しい歩き方の指導の講習を
させて頂きました。(^^)/

みなさん、
積極的に質問をして下さったので、
とても楽しい講習となりました♪(^o^)/

 

1429071024129.jpg

認知症改善予防の運動は、
頭を使いながら体を動かすことが良いと
されています。

今回は、
「国立長寿医療研究センター」の資料を参考に、
運動の例を体験して頂きました。
認知症予防へ向けた運動「コグニサイズ」

その後、
正しい歩き方をお伝えしました。

正しい歩き方は、
正しい立ち方が基本となります。

まずは正しい立ち方の基本を
2つお話ししました。

 

1429070987846.jpg

1つは、くるぶしの真下に、
体重を落とすことです。

上の写真のように、
くるぶしの真下を指で押さえて、
体重を落とす位置を覚えて頂きます。

 

DSC_2439.jpg

 

1429070976929.jpg 1429070966073.jpg

別の方法として、
上の写真のように
細い棒(ピンクの棒)を
くるぶしの真下で踏んで、
その位置を覚えることも
ご紹介しました。

この棒は、
割り箸でも、
不要になったペンや鉛筆でも
良いと思います。

ただし、
転ばないようには注意してください。

1429070954134.jpg

もう1つは、
身体をスーッと真上に伸ばすことです。

空から糸で吊られているイメージです。

上の写真のように、
自分の手で
その糸を引っ張るようにするのも
良いと思います。

つづきは記事「」で!

 
 
※この記事は、
 『Feuno』オフィシャルブログ
 「股関節、腰、膝の痛みで、人生バラ色!」に
 2015年4月16日に投稿したものです
 
 
股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ