認知症予防運動と歩き方の講習♪その2

DSC_2426.jpg

今回は記事「認知症予防運動と歩き方の講習♪その1」の続きです。

DSC_2424.jpg

正しい立ち方の基本を
2つお話しした後、
正しい歩き方の基本を
3つお話ししました。

1429070958927.jpg

1つは、
踵から床に着け、
踵を支点に脚が「コロン」と転がるのを感じ、
足の裏で床をなぞるのを感じることです。

これは、
正しい歩き方の
基本中の基本だと思います。

無理に転がしたりなぞるのではなく、
ただそれらを感じるだけです。

2つ目は、
振り出す脚は、
なるべく力を抜いて、
ブラブラさせることです。

特に、
膝から下をブラブラさせると
良いと思います。

1429070947804.jpg

3つ目は、
お尻の下辺りを使って歩くことを
意識させることです。

意識させるコツは、
意識させたいところを
手でこすることです。

こすったところは温かくなるので、
その温かさを感じながら
歩くようにします。

この場合は、
お尻の下辺りを意識させたいので、
そこを手のひらでこすり、
そこに残った温かさを感じながら
歩いて頂きます。

今回は、
悪い歩き方も体験してもらい、
正しい歩き方との違いを
感じて頂きました。

悪い歩き方の例として、
太腿の前側を使う歩き方を
体験して頂きました。

太腿の前側を
手のひらでこすって温かくし、
そこを使って歩くように
意識して頂きました。

すると、
多くの方が正しい歩き方の良さを
実感されたようでした。

「正しい歩き方は、
 脚が楽に前に出ていきます」

「正しい歩き方は、
 身体が軽くなって
 速く歩けるような気がしました」

「正しい歩き方は、
 身体が起きて
 背すじが伸びるような感じで
 気持ち良かったです」

「悪い歩き方は、
 身体が突っ張る感じがして、
 歩きにくいです」

「悪い歩き方は、
 脚が詰まる感じがします」

このように、
ちょっとした工夫で、
歩きやすさが変わります。

みなさま、
ここでご紹介した
正しい立ち方、歩き方、
是非ご参考にして下さいね!!
(^o^)/

今回の講習のように、
正しい歩き方の講習を希望される方は、
お気軽に『Feuno』までご相談下さい。
(^^)/

 
 
※この記事は、
 『Feuno』オフィシャルブログ
 「股関節、腰、膝の痛みで、人生バラ色!」に
 2015年4月17日に投稿したものです
 
 
股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ