効率的で速い歩き方

股関節、腰、膝の痛みは、歩き方一つで良くもなれば悪くもなります。

今回は、良く歩くときの「コツ」をお伝えします。

私たちは、直立二足歩行です。その特徴として、歩くとき、脚を振り出したり、腕を振ったり、胴体をひねったりします。

このとき、脚や腕、胴体を、体の中心から動かすようにします。そうすると、効率的に速く歩けるようになります。

何故でしょうか??

実は、筋肉は、ある程度伸ばされている方が、力を発揮しやすくなるのです。

例えば、腕を前に振るとき、腕を体の中心から動かすと、腕の先端は、肩より動くタイミングが遅れます。このとき、肩の筋肉や腕の筋肉は、引き伸ばされます。すると、肩や腕に自然と力が入りやすくなり、腕を効率的に振ることができます。

これは、脚や胴体でも同じことです。

「体の中心から動かすことを意識すると、効率的に速く歩ける。」

みなさま、是非試してみて下さいね!
(^o^)/

写真提供:ペイレスイメージズ

股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ