変形性股関節症の痛みに手術は必要ない?自分で治すために知っておくべきこと!

変形性股関節症と診断されて、人工股関節などの手術宣告をされると、かなりショックを受けると思います。何を隠そう、私にはその経験があります。しかし、私は手術をせずに、自分自身で股関節痛を治してしまいました

私は理学療法士でもありますので、人工股関節の手術宣告をされた後、痛みについて、西洋医学に限らず、たくさんのことを猛勉強しました。そして、股関節痛について、たどり着いた結論があります。今回の記事では、そのたどり着いた結論の核心を、お話ししていこうと思います。

ちなみに、私が自分の股関節痛を治していった経緯を書き綴った記事がありますので、興味のある方はこちらのページからご覧下さいね。⇒https://feuno.com/category/my-pain-record

「股関節の変形=股関節痛」ではない

写真1:股関節周囲のX線画像(レントゲン写真)正面像1

まず、この写真1を見て、どのように感じますか?

股関節レントゲン写真

写真2:股関節周囲のX線画像(レントゲン写真)正面像2

 

写真1と写真2を見比べてみて下さい。股関節に注目して下さい。どちらが痛そうでしょうか??

写真1の股関節は、大腿骨骨頭(太ももの骨の付け根のふくらみ)が左右とも完全に潰れてしまっています。もはや股関節が動かないぐらいになっています。

写真2の方は、右側(向かって左側)は大腿骨骨頭が少し潰れたような感じで変形していますが、左側は(向かって右側)は綺麗な球状となっています。

答えは、どちらも痛みはありません!!

写真1は、以前勤務していた病院のリハビリで、私が担当させて頂いていた患者さんの写真です(患者さんからは写真掲載の許可を頂いています)。この方は70代の女性でした。

変形性股関節症で入院していたのではなく、転倒して右大腿骨骨幹部を骨折したために入院していました。この股関節の変形は以前からあったそうですが、骨折する直前まで両手に杖を持って、痛みなく歩いていたそうです。

なんと、こんなにも著しい変形があるにも関わらず、痛くないのです!!びっくりしますよね~(^^;)

手術の必要性

この事実を知ると、「関節が変形しているから痛みが出る」という理屈は、ちょっと違うような気がしますよね~。そして、「関節の変形を直せば、痛みが治る」という理屈も、ちょっと怪しい気がします。つまり、「手術をして関節の変形を直せば痛みが治る」という理屈は、絶対にそうだとは言い切れない気がします。

みなさん、変形性股関節症と診断されて手術を勧められた場合、このことを一度よく考えてみて下さい。変形があっても痛くないのであれば、痛みを治すために手術は必ずしも必要ではない、ということです。股関節の変形度合いが非常に著しいこの患者さんでも手術せず痛みがないのであれば、多少の変形ぐらいなら、なおさら手術の必要はないと思います。

股関節痛の原因

私は、股関節の変形そのものが痛みの原因ではない場合が、ほとんどだと思っています。痛みの原因は、他にあります。主には、筋肉だと思います。

その原因に関わるものとして、姿勢や歩き方心理状態全身の細胞の働き、などがあります。これらにアプローチしていけば、ほとんどの痛みは治っていきます。

そしてどれも、手術が必要な類のものではありません。さらにどれも、自分自身で取り組んでいくものです。つまり、股関節痛の原因は、自分自身で治せるものなのです。正確には、自分自身でしか治せないのです。

手術のメリット

ただ、手術に全くメリットがないわけではありません。股関節の変形があまりにも著しいと、正しい姿勢や歩き方が出来なかったり、股関節が思うように動かなかったり曲がらなかったりしてしまいますが、人工股関節などの手術をすれば、それらを改善することは可能です。

また、他のメリットとしては、手術をするときは広範囲に渡る麻酔をかけるので、それによって筋肉の緊張がほぐれて血流が良くなり痛みが消えていったり、「手術をしたんだから良くなっているはずだ」という思い込みの効果によって、痛みが消えていったりすることがあります。

しかし、これらの効果は一時的なこともあり、退院して日常生活に戻ると、痛みが再発することもあります。これは、手術をしても、痛みの根本的な原因が残ったままだからだと考えられます。

股関節痛を治すためにすべきこと

ですので、私のおススメはやはり、安易に手術をするのではなく、自分で痛みを治すことにチャレンジする、です。先ほどお話ししたように、痛みの根本的な原因に関わる、姿勢や歩き方、心理状態、全身の細胞の働きなどは、自分自身でしか改善させることが出来ません。手術では不可能なのです。

ちなみに、上の写真2は、私の股関節の写真です。2011年11月に右の股関節に痛みが出て、病院で人工股関節の手術宣告を受けましたが、手術を断固拒否して自分自身で痛みを治してしまいました。2020年9月現在も、右の股関節の変形は残ったままだと思われますが、痛みは全くありません。

ということで、「股関節の変形=股関節痛」ではない、ということは是非とも知っておいて下さいね。これは、私が実証済みです。「手術をすれば痛みがとれる」という訳ではないのです。

そして、股関節痛を根本的に治したいのであれば、自分自身で、姿勢や歩き方、心理状態、全身の細胞の働きを、身体にとって良いものにしていくしかない、ということも知っておいて下さいね。

股関節痛は、長引けば長引くほど治りにくくなっていってしまいます。ですので、できるだけ早く、自分自身で股関節痛を治すアプローチに取り組むことをおススメします。(^^)/

股関節痛のしくみについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらのページ「カテゴリ:痛みのしくみ」から興味のある記事を読んでいって下さいね。⇒https://feuno.com/category/pain-mechanism

 

私のサポート「痛みセラピー」を利用して、股関節、腰、膝の長引く痛みを、自分自身で根本的に治したい方は、こちらのページをご覧下さいね。⇒https://feuno.com/apply-for-therapy


股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ