腰痛診断の現状

私が参加させて頂いている
『筋筋膜性疼痛症候群(MPS:Myofascial Pain Syndrome)研究会』で、
2012年12月30日に
日本経済新聞で掲載された記事
『腰痛にストレス関与。安静、有効と限らず。学会が診療指針』が
話題になりました。
 
 
 
 
この記事では、
日本整形外科学会と日本腰痛学会が、
腰痛の診療ガイドライン(指針)を
12月30日までにまとめたことについて
書かれています。
 
 
その主旨は、
腰痛の発症や慢性化には
心理的なストレスが関与しており、
画像検査などでも
原因が特定できない腰痛が
大半を占める
というものです。
 
 
この指針では、
腰痛を次の3つに分類することが
重要としているようです。
 
 
①がんや外傷、感染などの重い脊椎疾患が疑われるもの
 
②まひやしびれ、筋力低下などの神経症状を伴うもの
 
③原因が特定できない非特異的腰痛
 (いわゆるぎっくり腰やストレスが原因となっているものを含む)
 
 
このうち、
③非特異的腰痛は、
腰痛全体の85%を占める
との研究があるとのことです。
 
 
この記事では、
指針の策定委員会のメンバーである
福島県立医大の矢吹省司教授(整形外科)の
次の話も紹介されています。
 
 
「患者が望むこともあり、
 現状では約8割で画像検査をするが、
 痛むからといって、
 画像で原因が分かることは
 実は多くない。
 
 
 単に加齢で起きている
 骨や神経の変化を画像で患者に示して
 「だから状態が悪いんだ」と
 思い込ませるのは逆効果だ。
 
 
 慢性腰痛では、
 深刻に考えすぎて安静にするよりも、
 体を動かしたほうが
 症状が軽くなる可能性が高い。」
 
 
この記事をまとめると
次のようになると思います。
 
 
「現在の医療では、
 腰痛の原因を
 15%しか特定できない。
 
 
 画像検査で原因が分かることは多くなく、
 画像検査で示された骨の変形などは
 気にしない方が良い。」
 
 
以上のことから、
現在の医療では、
腰痛の原因を特定することは難しく、
画像検査も当てにならないことがある
ということが分かります。
 
 
ここでみなさんに考えて欲しいことは、
 
『この腰痛は、本当に手術が必要か?』
 
ということです。
 
 
日本整形外科学会と日本腰痛学会は、
腰痛は画像検査などでも
原因が特定できないものが大半を占める、
と報告しているのです。
 
 
腰痛診断の現状は
このようなものなのです。
 
 
手術を行ってしまうと、
手術前の状態には戻れません。
 
 
手術によって、
正常だった機能が
失われてしまうかもしれません。
 
 
痛みをお持ちのみなさん、
手術をする前に、
是非とも手術以外の方法を
試みて頂きたいです!!(`ヘ´)/
 
 
※この記事は、
 『Feuno』オフィシャルブログ
 「股関節、腰、膝の痛みで、人生バラ色!」に
 2013年1月8日に投稿したものです
 
 
股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ