「心の傷」と『痛み』

『痛み』があるのは
嫌ですよね。

しかし、
『痛み』がなければ、
私たちは生きていけません。

『痛み』は、
体のどこかが傷ついていて、
それを癒すために、
「体を休めなさい」
という信号です。

『痛み』がなければ、
傷に気づかず活動し続け、
致命的なダメージを
受けるようになるでしょう。

この“傷”とは、
物理的な損傷のことだけでは
ありません。

「心の傷」も
含まれます。

これまでの研究で、
「心の傷」も
『痛み』を出すことが
分かっています。

このときの『痛み』の意味は、
「傷ついた心を癒すために
 体を休めなさい」
という信号です。

そして、
「心の傷」に気づかず、
または無視して
活動し続けると、
致命的な状況に
なる可能性があります。

「心の傷」の原因は、
人それぞれ、
星の数ほどあると
思いますが、
「心の傷」の状態としては、
みなさん共通だと思います。

それは、
「満たされていない」
ということだと思います。

ということは、
「心の傷」を癒すには、
「満たされる」ことが必要
ということになります。

では、
どうしたら
「満たされる」
のでしょうか??

誰かや何かに
満たしてもらえば
良いのでしょうか??

しかし、
その「満たし」は、
いつやって来るのか
分かりません。

それらによって、
必要なだけ「満たされる」かどうかも
分かりません。

私はこう思います。

「人や物に頼るのではなく、
 自分で自分を「満たす」方が、
 確実に「満たされる」」

一般的なことになりますが、
具体的には、
「自分を褒めて」あげて、
「自分を許して」あげて、
「自分を認めて」あげると、
良いと思います。

そして、
自然の心地良さを
感じるようにすると
良いと思います。

太陽の温かさを感じ、
風の爽やかさを感じ、
緑の優しさを感じると
良いと思います。

とにかく、
「自分を満たせるのは、
 自分しかいない」
と心に決める方が、
良いと思います。

「心の傷」による『痛み』は、
意外と重要です。

一生を支配する
『痛み』となってしまうかも
しれません。

なるべく早く、
自分を「満たす」ことを、
お勧めします。(^^)/

 
 
※この記事は、
 『Feuno』オフィシャルブログ
 「股関節、腰、膝の痛みで、人生バラ色!」に
 2015年1月20日に投稿したものです
 
 
股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ