老いると治癒力低下で痛み長引く

今回の記事は、
少し厳しい内容かもしれません。(^_^;)

前回の記事「人生と『痛み』」で、
「私たちは、
 必ず、
 死にます。」と
お話ししました。

それに関連して、
次のことも、
確かなことです。

「私たちは、
 必ず、
 老います。」

20代をピークに、
体の機能は、
徐々に低下していきます。

自然治癒力や
免疫力が
低下していきます。

ここで
知っておかなければならないことは、
例えば、
50歳で被った病気や怪我は、
20歳のころのようには回復しない
ということです。

回復に時間がかかったり、
回復の質が悪かったりする
ということです。

これは、
仕方のないことなのです。

それを、
何とかして欲しいと、
病院に駆け込んで、
たくさんの薬をもらい、
それを飲み続ける人は、
多いと思います。

薬には
多少なりとも
副作用があります。

飲めば飲むほど、
体の何かの機能が
異常をきたします。

最初の病気や怪我が
治ったとしても、
次の病気や怪我に
なりやすくなります。

当然50歳だと
その病気や怪我に対する
回復力も良くないため、
またそれに対する薬を
病院にもらいに行き、
それを飲むことになります。

そしてまた
次の病気や怪我へ・・・

このような悪循環が起こる可能性は、
十分にあると思います。

つまり、
このような行動を起こす人は、
「老い」を受け入れることが、
できていないのです。

改めてお伝えします。

「私たちは、
 必ず、
 老います。」

これは、
受け入れるしかありません。

では、
病気や怪我にならにようにするには、
どうしたら良いのでしょうか??

それは、
病院やお医者さんにすがるのではなく、
自然治癒力や免疫力の低下を
防ぐことです。

自然治癒力や免疫力を
妨げるものを、
排除するのです。

つまり、
正しい食事、
正しい運動、
正しい睡眠、
ストレスのない生活を、
実践するのです。

その中には、
正しい歩き方、
正しい筋肉の使い方も、
含まれています。

歳をとるにつれて、
『痛み』が長引くのは
ある意味仕方のないことなのです。

それを何とかしたいなら、
日々の生活で、
正しいことを
行っていく方が
良いと思います。

それが
遠回りのようで、
一番の近道だと思います。
(^^)/

 
 
※この記事は、
 『Feuno』オフィシャルブログ
 「股関節、腰、膝の痛みで、人生バラ色!」に
 2015年2月8日に投稿したものです
 
 
股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ