手術と感染症

名古屋は、
じめじめ蒸し暑い毎日が続いていますが、
もうすぐ梅雨明けとなるようです♪
 
 
真夏がそこまでやって来てますが、
みなさん、脱水、熱中症にならないように、
こまめに水分を補給しましょう!(^^)/
 
 
さて、
みなさんは、
手術を行うリスクについて、
どの程度ご存知でしょうか??
 
 
そのリスクの一つに、
「感染症」があります。
 
 
最近リハビリを担当している患者さんの中に、
手術後の感染症にかかってしまった方が
何人かいらっしゃいます。
 
 
中には、
人工股関節を入れたところの骨盤の骨が、
一部溶けてなくなってしまった方もいます。
 
 
これらの方は、
再度手術となることが多いです。
 
 
そして、
しばらく、
長ければ1ヶ月以上も、
寝たきりの状態になってしまうこともあります。
 
 
この手術後の感染症の発生率ですが、
人工関節については次の報告があります。
 
 
初回人工関節置換術後:0.2~2.9%
再置換術後:0.5~17.3%
(参考文献:人工関節感染の治療
 
 
みなさん、
股関節、腰、膝の手術は、
気軽に決断してはいけませんよ~!!(`ヘ´)/
 
 
手術の前に、
是非筋肉の痛みを疑って下さい!!
 
 
手術は、
筋肉への治療の後でも
遅くはないのではないでしょうか??
 
 
早まった決断が
人生を大きく変えてしまいますよ~!!
 
 
仕事柄、
悲劇に見舞われている患者さんを
間近で見ているので、
本当にそう思います。
 
 
私は、
手術をしなくて、
心から良かったと思っています。(^o^)/
 
 
※この記事は、
 『Feuno』オフィシャルブログ
 「股関節、腰、膝の痛みで、人生バラ色!」に
 2014年7月19日に投稿したものです
 
 
股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ