手術は本当に必要か??股関節、腰、膝の痛み治療の誤解

手術が不幸の始まりに・・・

私は、股関節、腰、膝の長引く痛みに対する無駄な手術を撲滅したいと、心から思っています。

なぜなら、無駄な手術によって悲しみに暮れている人をたくさん見てきているからです。

私は以前、人工股関節や、人工膝関節の手術を、数多く行っている急性期病院に勤めていました。

その病院では、他の病院で腰の手術をした人が転院してくることも良くありました。

私はそのような方々に対してリハビリを行っていました。

そして、その方々の本音を聞いてきました。

手術をしても痛みが消えなかったり、手術をしたことでより生活が不自由になってしまったりと、苦悩を抱えることになってしまった方が何人もいました。

「こんなはずじゃなかった・・・」と、悲しみに暮れていました。

手術は痛み治療の最高峰ではない

そうなのです。

長引く痛みは、手術をすれば治るというものでは、決してないのです。

しかし、多くの方は、手術は痛み治療の最高峰だと思っています。

多くの医師もそのように思っている節があります。

ですので、「最終的には手術しかないですね。」というセリフが良く聞かれるのです。

私は断言します。

手術は、痛み治療の最高峰では決してありません!

数ある治療法の一つにすぎません。

手術は他の治療法と同列のものなのです。

手術は、痛みどめの薬、湿布、マッサージ、鍼、注射、電気治療、食事療法、運動療法などと、同列の関係です。

治療とは、特定の原因に対して、最適な手段を用いてその原因を除去する行為です。

または、特定の症状を緩和するための行為です。

例えば、長引く痛みを筋肉のこわばりが原因と考えるなら、マッサージなどが適応となり、栄養が原因と考えるなら食事療法が適応となります。

また、痛みを緩和するためには、痛みどめの薬や湿布などが適応となります。

これらと同じように、手術にも、適応があるのです。

手術は痛みを治すためのものではない

手術の適応は、「関節や骨などの形態的な異常」です。

長引く痛みを、「関節や骨などの形態的な異常」が原因と考えれば、手術が適応となります。

つまり、痛みどめの薬が最も効果が低く、手術が最も効果が高い、という訳ではないのです。

それぞれの原因や目的に対して、それぞれの治療法がある、というだけなのです。

手術もその中の一つに過ぎない、ということなのです。

そして、股関節、腰、膝の長引く痛みは、「関節や骨などの形態的な異常」が、決定的な原因ではないことがほとんどだと考えられるのです。

多くの医師は、「関節や骨などの形態的な異常」を痛みの原因と考えますが、私自身の股関節痛や、『Feuno』ご利用者様、勤務先の病院でリハビリさせて頂いていた患者様のことを考えると、また、生理学的知見や、異常があっても痛みのない人がいるという研究結果から、「関節や骨などの形態的な異常」が痛みの原因とは考えにくいです。

したがって、股関節、腰、膝の長引く痛みに対して、手術の適応はほとんどないと、思います。

ただ、あまりにも著しい「関節や骨などの形態的な異常」が他に悪影響を及ぼしている場合、例えば、姿勢が悪くなって筋肉のこわばりを助長している場合などは、手術も適応になると思います。

痛みについて正しいことを知る

以上のことから、股関節、腰、膝の長引く痛みに対して、無駄な手術が行われ、悲しみに暮れる人が後を絶たないのではと、私は感じています。

そして、悲しみに暮れる人をなくすために、無駄な手術を撲滅したいのです。

そのためには、長引く痛みに悩まされている人に、手術をしなくても長引く痛みは治せるということを、知って頂く必要があります。

そのために私は、無料レポート「手術宣告された長引く痛みを自分で治すことがきた!もう痛みに困らない一生健康でいられる体への最短ルートを大公開 !」を配布したり、「Feunoベーシックセミナー」を開催したりしているのです。

股関節、腰、膝の長引く痛みを、根本的に治したいのであれば、まずは痛みについて学ぶことをおススメします。


股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ