人工股関節などの手術の悲劇は「無知」から

手術をしても
股関節、腰、膝の『痛み』が改善しなかったり、
手術をしたことで
『痛み』がさらに
強くなったりすると、
多くの『悲劇』が起こります。

勤務先の病院で、
股関節痛に対して、
人工股関節全置換術(THA)を
行った方がいます。

以前の記事でもご紹介した
80代の女性です。

この手術は、
娘さんの勧めで
行われました。

主治医も
「手術をすれば『痛み』は必ず治る」
と強く勧めました。

ご本人は、
手術のことは全て
娘さんに任せていました。

ご本人は、
手術のことについては、
ほとんど知りません。

どのような手術なのか、
手術によるメリットやデメリットには
どのようなものがあるのか、
ご本人は知りませんでした。

そして、
手術が行われました。

残念ながら、
その後1ヶ月以上経っても、
『痛み』は改善せず、
むしろ、
手術をする前よりも
『痛み』が強くなってしまいまいた。

さらに、
人工股関節は
脱臼の可能性があり、
脱臼しないように気をつけながら
一生生活しないといけないのですが、
このことを手術後に初めて知って、
大きなショックを受けています。

辛いのは、
ご本人だけではありません。

手術を勧めた娘さんも
大きな責任を感じ、
とても辛い思いをしています。

娘さんは、

「私のせいで
 こんなことになってしまった。。。」

「手術を決める前に
 もっと勉強しておけば良かった。。。」

と自分を責めています。

私はあるとき、
このお二人と、
1時間ほど
お話ししました。

手術に対する
後悔の感情が、
お二人の中で
大きく渦巻いていました。

私は次のように思いました。

「進歩の著しい
 現代の医療を受けて、
 こんな悲劇が起こって
 良いのだろうか・・・?!」

「このような無駄な手術によって、
 多額の医療費、
 国のお金が、みんなの税金が、
 無駄遣いされてはいけない!!」

娘さんは、
次のようにおっしゃっていました。

「何が起こっているのか、
 今後どうしたら良いのか、
 知りたいです。」

「『痛み』に困っている人が
 私たちと同じような目に
 遭わないようになって欲しいです。」

みなさま、
このような『悲劇』は、
なぜ起こったと思われますか??

それは、
「無知」のせいです。

情報が少なく、
知らないことが
多かったために起こった
『悲劇』です。

正しい情報を
知らなかったために起こった
『悲劇』です。

『痛み』は、
関節が変形していても、
手術をせずに良くなる可能性が
十分にあるということを、
ほとんどの人は知りません。

一般の人はもとより、
医療従事者、
お医者さんでも、
知らない人がほとんどです。

このような『悲劇』をなくすには、
この方に起こった『悲劇』を、
多くの方に知って頂かなくてはなりません。

みなさま、
このような『悲劇』が起こらないよう、
ご家族やお友達、
お知り合いの方に、
次のことを
是非お伝えください。

股関節、腰、膝の長引く『痛み』は、
関節が変形していたり
椎間板ヘルニアであっても、
手術をせずに良くなる可能性が
十分にあるということを。

手術をしても良くならい可能性が
十分にあるということを。

みんなで無駄な手術を
なくしていきましょう!!
(`ヘ´)/

 
 
※この記事は、
 『Feuno』オフィシャルブログ
 「股関節、腰、膝の痛みで、人生バラ色!」に
 2015年3月29日に投稿したものです
 
 
股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ