「痛み気にせず」

私はメルマガ(メールマガジン)を書いて配信していますが、
そのメルマガの冒頭に
毎回“合言葉”を記しています。

 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!

この上の3行は、
股関節、腰、膝の長引く痛みに
お困りの方に、
常に意識して欲しいと
思っていることです。

それらについて、
少し解説していきたいと
思います。

「痛み気にせず」

『痛み』があると、
ついついその『痛み』が
どうなっているのか
確認したくなってしまいます。

「今日の『痛み』は、
 昨日と比べて、
 少しひどくなったかも。。。」

「昨日と比べて、
 『痛み』の場所が
 ちょっと違うかも。。。」

「階段昇るときも
 『痛み』が出る気がする。。。」

など。

このように
『痛み』を気にしだすと、
『痛み』は改善しにくくなります。

なぜなら、
私たちの『脳』は、
自分が注意を向けたことに
敏感に反応するからです。

例えば、
服について
考えてみましょう。

私たちは服を着て
生活しています。

その服は、
皮膚に接触しています。

しかし、
生活している中で、
「服が皮膚に触れている」
と改めて感じることは
ほとんどないと思います。

一方、
少し身体を動かして、
服が皮膚と接触しているのを
感じるように注意してみると、
「服が皮膚に触れている」
と感じることが
できると思います。

つまり、
注意を向けると
それを感じることになり、
逆に、
注意を向けなければ、
それを感じないのです。

ですので、
『痛み』を気にすると
『痛み』を感じることになり、
『痛み』を気にしなければ
『痛み』を感じないのです。

そして、
『痛み』を感じ続けていると、
『痛み』を感じる神経回路が強化され、
『痛み』を感じやすくなって
しまいます。

私たちの体には、
このような仕掛けが、
備わっているのです。

ですので、
『痛み』があっても、
できるだけ『痛み』を気にしない方が、
得策なのです。(^^)/

このように、
予め人間に備わっている特徴も
大いに生かして、
股関節、腰、膝の長引く痛みを
解決していきましょう!(^o^)/

つづきは記事「「力を抜いて」」で!

 
 
※この記事は、
 『Feuno』オフィシャルブログ
 「股関節、腰、膝の痛みで、人生バラ色!」に
 2014年12月16日に投稿したものです
 
 
股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ