長引く痛みに効く心理的な安定

記事「股関節、腰、膝の痛みに対する理解」でお話ししたように、股関節、腰、膝の長引く痛みを治していくカギは、痛みに対する理解と、心理的な安定だと私は感じています。

記事「股関節、腰、膝の痛みに対する理解」では、痛みに対する理解についてお話ししました。

今回は心理的な安定についてお話しします。

心理的な安定とは、「不安が長引かない」ということだと私は思っています。

私は長年、痛みセラピーや病院でのリハビリなどを行っていますが、痛みが早く治っていく方は、心理的に安定していて楽観的な方が多いように感じます。

一方、痛みがなかなか治っていかない方は、常に不安を感じていて、自分の将来を憂いている方が多いように感じます。

その違いは何か??

それは、次の2つだと思います。

1.人生の捉え方

2.正しい知識の有無

「不安になりやすい性格だから・・・」と言うことがあるように、自分のことをネガティブな性格だと決めつけてしまうことがあると思います。

では、その性格はどのようにして決まるのでしょうか??

それは、人生をどのようなものと解釈しているかで、決まってくるのだと思います。

例えば、「自分の人生は誰かのためにあって、自分ではコントロールできないもの」と解釈している人と、「自分の人生は自分のためにあって、自分で創り上げていくもの」と解釈している人とでは、どちらの方が不安になりやすいでしょうか??

おそらく前者だと思います。

自分自身が得体の知れないものに振り回されている感じがして、自分がどうなってしまうか分からない感覚を持つ、つまり、不安になりやすいということです。

このように、人生の捉え方によって性格というのは決まってくるように思います。

ですので、人生の捉え方を変えれば、性格も変わってくるということです。

不安になりやすい性格から、楽観的な性格に変えることができるということです。

そして、痛みに対して正しい知識を持っていれば、痛みに対する不安は消えていきます。

ということで、股関節、腰、膝の長引く痛みを治していくために、人生の捉え方を見直してみることも、大切なことだと思います。
(^^)/


股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ