股関節などの長引く『痛み』を自分で治す方法

前回の記事「股関節痛などの『痛み』を自ら勉強することが重要」では、
「『痛み』は自分で治す」
という意識が大切と
お話ししました。

そして、
まずは、
『痛み』について勉強することを
お勧めしました。

では、
実際に治すには、
どうしたら良いのでしょうか??

そのポイントは
次の2つです。

1.自然治癒の促進

2.『痛み』を気にしない

「1.自然治癒の促進」の手段には、
主に次の2つがあります。

A.自然治癒力の強化

B.阻害因子の排除

「A.自然治癒力の強化」は、
体の「代謝」を
促進させることです。

「代謝」を妨げるものは、
・食べ過ぎ
・ストレス
・睡眠不足
などです。

これらに気をつけながら、
生活することを
お勧めします。

劇的に「代謝」を促進させたい場合は、
ファスティング(断食)を
お勧めします。

「B.阻害因子の排除」は、
組織の「ダメージ」を防ぎ、
自然治癒を阻害している「悪い環境」を
改善させることです。

「ダメージ」を防ぐには、
そこに不必要な力を加えないことです。

これに対しては、
正しい姿勢や歩き方、
筋肉の使い方を
身につけることを
お勧めします。

「悪い環境」を改善させるには、
血流を促進させることです。

これに対しては、
・体を冷やさない
・運動をする
・筋肉を揉みほぐす
などを行うことを
お勧めします。

「2.『痛み』を気にしない」の手段としては、
「人生の目的」をしっかり持つことを、
お勧めします。

「人生の目的」が
はっきりしていると、
『痛み』には
かまっていられなくなります。

何かに熱中しているとき、
『痛み』を忘れていたことは
ありませんか??

人生に熱中していれば、
『痛み』はそれほど
気にならなくなると思います。

さて、
今回までの3回分、
連続した記事を書きました。

これまでの要点を
まとめます。

・長引く股関節、腰、膝の『痛み』を
 治すことを目的とした
 病院や治療院、施術所は
 ほとんどない

・『痛み』は自分で治す

・『痛み』の正しい知識を勉強する

・自然治癒を促進させる

 ⇒自然治癒力の強化
  →体の代謝を促進
   ・食べ過ぎ、
    ストレス、
    睡眠不足を
    避ける

   ・ファスティング(断食)

 ⇒阻害因子の排除
  →組織のダメージを防ぐ
   ・正しい姿勢、
    歩き方、
    筋肉の使い方を
    身につける

  →悪い環境を改善
   ・体を冷やさない
   ・運動をする
   ・筋肉を揉みほぐす

・『痛み』を気にしない

 ⇒人生の目的を持つ
  (人生に熱中する)

以上が
長引く股関節、腰、膝の『痛み』改善について、
私が考え至った
現時点での結論です。

これで終わりとなりますが、
みなさまに
是非知って頂きたいことは、
「『痛み』は自分で治す!」
ということです。

お医者さんや
施術者任せに
しないようにしましょう!

彼らの役割は、
「有益な情報を提供したり、
 自然治癒を促進させたりすること」
だと思います。

「誰かに治してもらおう」とは、
思わない方が良いと思います。

事態は全て、
能動的な選択で
好転するものだと思います。
(^^)/

 
 
※この記事は、
 『Feuno』オフィシャルブログ
 「股関節、腰、膝の痛みで、人生バラ色!」に
 2015年3月27日に投稿したものです
 
 
股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ