股関節痛などの長引く『痛み』はシンプルに!

股関節、腰、膝の長引く『痛み』を解決させるには、どしたら良いでしょうか??

私は、『痛み』をシンプルに考えることをお勧めします。

基本的に、『痛み』は、体の組織が損傷したり、障害を受けたりして発生します。その損傷が修復され、障害が回復すると、『痛み』は消えます。

通常は、組織の損傷や障害が悪化しないようにしておけば、『痛み』は自然と消えます。その『痛み』が長引くということは、その過程のどこかに問題があるということです。その問題を分類すると、次のようになると思います。

①組織の損傷や障害が悪化するような環境にある

②組織の損傷や障害を回復させる「自然治癒力」が低下している

③『痛み』を抑制する機能が働いていない

④『痛み』を敏感に感じてしまうような、脳が記憶してしまうような心理が働いている

①の原因は、体の使い方や生活環境にあると思います。

②、③、④の原因は、細胞活動の障害にあると思います。

この細胞活動の障害の原因には、食事、運動、心理(考え方、人生観、生き方など)が関与していると思います。

これらの原因に対して、改善を試みると、『痛み』は消えていきます。

みなさま、自分の『痛み』の原因が、どれに当てはまるか、一度整理してみるのも良いと思います。

『痛み』は、以上のように、シンプルに考えましょう。すると、自然と解決策が見えてくると思います。
(^^)/

写真提供:ペイレスイメージズ

股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ