股関節痛などの『痛み』を自ら勉強することが重要

前回の記事「長引く股関節痛などで訪ねるべき病院や施術所とは??」では、
長引く股関節、腰、膝の『痛み』で
困ったときによく訪れる病院や施術所を
列記しました。

そして、
どこも『痛み』を治すことが
目的ではないということを
お話ししました。

では、
長引く股関節、腰、膝の『痛み』に困ったら、
どうしたら良いのでしょうか??

私は、

「自分で治す」

という意識を持つことを
おススメします!!
(^^)/

理由は簡単、
まさに
『痛み』を治すところが
ないからです。

もっと言えば、
『痛み』は
自分でしか
治せないからです。

一般的な『痛み』は、
体のどこかが損傷している
サインです。

体の損傷を治すのは、
私たちに予め備わっている
「自然治癒力」です。

薬や手術、施術などは、
この「自然治癒力」を
発揮しやすくするための
お手伝いをしているにすぎません。

つまり、
『痛み』は、
私たち自身が持っている
「自然治癒力」によって
初めて治るのです。

また、
『痛み』は
脳で感じるものなので、
心理的な影響も受けます。

自分の「心」を変えるには
「自分の決意」が必要です。

薬や心理療法などは、
「心」を良い状態へ導くための
きっかけを与えているだけです。

つまり、
心理的な『痛み』は、
「自分の決意」によって
治っていくのです。

では、
具体的には、
どうしたら良いのでしょうか??

まずは、
『痛み』について
勉強することです。

自分で
『痛み』に関する本を読んで
勉強するのも良いでしょう。

もしくは、
『痛み』に詳しい人に教えてもらったり、
勉強会に参加するのも良いでしょう。

ただし、
ここで注意しなければならないのは、
『痛み』の「正しい知識」を
勉強することです。

例えば、
「関節変形」や、
「椎間板ヘルニア」、
「脊柱管狭窄」が、
『痛み』の原因として
強調して説明されているものは、
「正しい知識」とは
言えません。

私がおススメするのはもちろん、
私が開催している『Feuno』のセミナー
この『Feuno』ホームページサイトで
勉強することです!(^^)/

つづきは記事「股関節などの長引く『痛み』を自分で治す方法」で!

 
 
※この記事は、
 『Feuno』オフィシャルブログ
 「股関節、腰、膝の痛みで、人生バラ色!」に
 2015年3月26日に投稿したものです
 
 
股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ