良い姿勢になるための枕との付き合い方

記事「長引く痛みに効く「壁立ち」を知っていますか??」で、「壁立ち」の姿勢が、健康にとって理想的な姿勢にとても近い姿勢だとお話ししました。

「壁立ち」をするときは、踵、お尻、肩甲骨、頭を、壁にくっつけます。

つまり、これらが一直線に並んでいる姿勢が、理想的な立ち姿勢ということです。

立っているとき、自然とこの姿勢になっていることが理想的なのです。

さて、先日私の職場のデイサービスの利用者様から「寝るときの枕の高さはどのぐらいが良いですか?」と質問を受けました。

私はこう答えました。

「姿勢に関しては、枕はしない方が良いですよ」

その理由は、先ほどお話しした理想的な立ち姿勢を取りづらくなるからです。

枕をして仰向けで寝ると、頭が前に押し出される状態となってしまいます。

つまり、枕をして寝ると、踵、お尻、肩甲骨、頭が、一直線にはならないのです。

その状態で寝ている時間が長いと、体はその状態で固まっていき、立っているときも頭が前に出やすくなってしまいます。

したがって、枕をして寝ると、理想的な姿勢を取れなくなってしまうのです。

ただ、枕をして寝ると、寝心地が良くなる人は多いです。

ですので、安眠という点では、枕をして寝ることにはメリットがあるのです。

それはなぜでしょうか??

それは、普段の姿勢が、頭が前に出ている姿勢だからです。

枕をして寝ると、頭が前に出ているそのままの姿勢で寝ることができます。

体に無理な負担がかかりません。

ですので、寝心地が良くなり、安眠に繋がるのです。

しかし、このことを姿勢の観点で説明すると、次のようになります。

「枕を使って寝ることは、頭が前に出ている悪い姿勢を、体に覚え込ませている」

枕を使って仰向けで長い時間寝ている状態は、頭が前に出ている姿勢で体を固まらせているのです。

つまり、枕を使って寝ることは、悪い姿勢を作っている、ということなのです。

なんと枕は、「悪い姿勢製造機」だったのです!!

そして、枕なしで寝ることは、良い姿勢に戻すことでもあるのです。

ということで、私は数年前から枕を使わずに寝るようになりました。

枕を使わずに寝るようになると、良い姿勢を取りやすくなり、無駄な筋肉の力が抜けやすくなりました。

私たちは本来、枕は必要ないのです。

赤ちゃんや小さい子どもは、枕がなくても熟睡しています。

その理由は、赤ちゃんや小さい子どもは、姿勢が悪くなっていないからです。

姿勢が悪くなると、熟睡するために枕が必要になってくるのです。

そして、枕をして寝れば寝るほど、どんどん姿勢が悪くなっていくのです。

ということで、姿勢を良くするために、枕なしで寝ることをおススメします。
(^^)/

ただ、これまで枕をしていた人が、急に枕なしにすると、寝心地が悪くなって安眠できなくなることが良くあります。

ですので、段階的に枕の高さを低くしていくと良いでしょう♪♪


股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ