右脳の人は『痛み』出にくい??

今回の記事は、ある人から聞いたお話を元に書いています。

人間は、基本的に、ネガティブな生き物だそうです。頭の中でつべこべ考えていると、どんどんネガティブな方向へ向かっていくそうです。

つべこべ考えるのは、左脳の働きによるものです。左脳を使って生きている人は、次のような言葉を吐くそうです。

「だって・・・」

「でも・・・」

「やってます・・・」

など。

このように、左脳で生きている人は、どんどんネガティブになっていくそうです。

一方、左脳ではなく、右脳で生きている人もいるようです。右脳を使って生きている人は、次のような言葉を吐くそうです。

「やった!」

「楽しい!」

「ついてる!」

「嬉しい!」

「幸せ!」

「美味しい!」

など。

右脳の人は、直感で生きている人、素直な人です。右脳の人は、ポジティブな言葉ばかり吐くので、自然とネガティブな方向へは向かわないようになっています。

さて、左脳の人と右脳の人、どちらが長引く『痛み』を解決しやすいでしょうか??

それは、右脳の人です。

長引く『痛み』は、ネガティブな心理状態によって解決しにくくなり、悪化したりします。ネガティブに向かう左脳の人よりも、そうならない右脳の人の方が、長引く『痛み』を解決させるには、有利なのです。

では、右脳の人になるにはどうしたら良いのでしょうか??

それは、「楽しくて、リラックスできる環境」に身を置くことです。そして、左脳の人から離れ、右脳の人と一緒にいることです。人は環境によって変わります。

みなさま、長引く『痛み』を解決させるためにも、幸せな人生にするためにも、環境を変えて右脳の人になることをお勧めします。
(^^)/

写真提供:ペイレスイメージズ

股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ