痛みを治すために、科学と非科学、あなたはどっち??

先日、勤務先のデイサービスのスタッフに対して、「姿勢や歩き方の勉強会」を開催してきました。

とても楽しかったです♪
(^^)/

私がお伝えした正しい歩き方で歩いてもらうと、スタッフ全員びっくりしていました。

「こんなに楽に歩けるの!?」

「体がスーッと前に進む!!」

「全然疲れない!!」

このような感想をたくさん頂きました♪

私はこの勉強会の冒頭で、次のようなお話をしました。

「私は理学療法士でもあるので、今日お話しする内容は科学的な根拠に基づいたものもありますが、半分ぐらいはそうではありません。

 どちらかと言えば、東洋医学的な内容、現時点では科学的に説明できない内容が多く含まれています。

 ですので、これからお話しすることを、一般的なお医者さんやリハビリの先生にお話しても、信じてもらえなかったり、批判されたりすると思います。

 しかし、 この姿勢や歩き方で私の股関節痛は治りましたし、他の多くの方の長引く痛みも治っていっています。

 人間の体について、現在の科学で説明できないことは、たくさんあります。

 科学的な根拠だけに基づいた歩き方では、正しく歩くことは不可能だと思います。

 正しく歩けるどころか、間違った歩き方をしてしまう可能性も大いにあります。

 これからお話しする姿勢や歩き方は、「氣」や「エネルギー」、「意識」といった、古武術などでも使われている不思議な力も活用しているものです。

 そして、実効性の高い実践的な姿勢や歩き方です。

 まずは自分自身で正しい姿勢や歩き方をマスターして、その姿勢や歩き方になって自分が感じたことを、利用者さんにアドバイスしてあげて下さいね。」

そうなのです、人間の体は、科学で説明できないことが、あまりにも多いのです!!

しかし、現代の多くの方は、科学だけを信じて、科学的な根拠のないものを軽視しがちなように思います。

私は、科学的な根拠も大切だと思っていますが、科学的に説明できないことも大切だと思っています。

なぜなら、両方とも活用する方が、上手くいくことが多いと感じているからです。

科学も非科学も、自分にとって良くなることであれば、どんどん取り入れていくと良いのではと思っています。

私がお伝えしている姿勢や歩き方は、正にそのようにして作られているものです。

どこの教科書にも載っていない内容です。

しかし、実効性の高いとても合理的な内容なのです。

ということで、姿勢や歩き方についても、「自分が良くなれば何でもオッケー!」という感じで取り組んでいくのが良いと思います。

股関節、腰、膝の長引く痛みを治すことについても、「自分が良くなれば何でもオッケー!」という感じが、早く治していくコツの一つだと思います。
(^^)/


股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ