痛みの原因探しはおススメできません

風邪をひいたり、体調が悪くなったりしたら、真っ先に何を考えますでしょうか??

おそらく多くの方は、そうなった原因を考えようとするのではないでしょうか??

実は先日、私の4歳の娘が、40℃ほどの高熱を出しました。

以前の私なら、「何が良くなかったのだろう??」、「原因は何だろう??」と、考え始めたでしょう。

そして、その原因を解消しさえすれば、体調は良くなり、二度とそのようなことにはならないはずだと、考えたでしょう。

例えば、疲れが原因だと判断すれば、早く寝かしつけて疲れを解消しようと考えますし、冷えが原因だと判断すれば、部屋を暖めて冷えを解消しようと考えたでしょう。

しかし、このような考えは、その場限りの応用の効かない対応をすることになるのです。

私たち人間は、刻々と変化する無数の条件の中で暮らしています。

天気、気温、湿度、食事、運動、睡眠、人間関係、思考など。

それらを挙げていけば、キリがありません。

そして、全てが全く同じ条件となるときは、まずありません。

つまり、症状や病気の原因を、1つや2つに絞ることは不可能なのです。

したがって、本当の原因を特定してそれを解消しようとすることは、非常に遠回りで、成果が挙がりにくいことをしていることになるのです。

では、どうすれば良いか??

それは、原因探しはやめて、健康にとって良いことを、ひたすら実践していれば良いのです。

私たちの体は、環境の変化に適応できる能力を持っています。

その適応能力をどんどん高めていけば、どのような条件の変化があっても、健康であり続けることが可能になるのです。

これは、股関節、腰、膝の長引く痛みについても、当然当てはまります。

股関節、腰、膝の長引く痛みを治すには、その原因を探してそれを解消するのではなく、体にとって良いことをひたすら実践していれば、自然と治っていき、再発することもなくなるのです。

長引く痛みや様々な病気を治すためには、このような視点が必要だと思います。

ということで、今日も一日体にとって良いことをひたすら行っていきましょうね!
(^^)/


股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ