「自信」と「感謝」を持ちましょう

今回は記事「老化は受け入れましょう」の続きです。

股関節、腰、膝の長引く『痛み』は、病気の要素が多分に含まれています。ですので、病気の原因を知れば、長引く『痛み』は解決しやすくなります。病気の原因は、自然治癒力、免疫力の低下です。その原因は、

1.老化

2.考え過ぎ

3.食べ過ぎ

です。

今回は、「2.考え過ぎ」についてお話しさせて頂きます。

2.考え過ぎ

「考え過ぎ」とは、余計な心配をすること、どうにもならないことを思い悩むことです。このような「考え過ぎ」は、ネガティブな感情となり、『痛み』を増強させます。

では、「考え過ぎ」の原因は、何でしょうか??

それは、「自信の無さ」と「感謝の無さ」です。

自信があれば、余計な心配はしません。「そんなの大したことない。私は大丈夫だよ。」、自信があれば、このようになります。

そして、感謝があれば、どうにもならないことを思い悩むことはありません。「なんでこんなに酷い目に合うのだろう。」と感じていても、生きていることへの感謝があれば、そのような悩みは消えていきます。

例えば、戦争している人々に想いを馳せてみて下さい。自分の子供を残して戦場で死んでいく人。自分の親を残して戦場で死んでいく人。好きな人を残して戦場で死んでいく人。彼らのことを想えば、「生きているだけでありがたい」という感謝の気持ちが芽生えてくると思います。そして、自分の悩みが、とても小さいもののように感じていくと思います。

「生きているだけでありがたい」となれば、どうにもならないことを思い悩むことはなくなると思います。

つづきは記事「「化学物質」と「代謝酵素」」で!

写真提供:ペイレスイメージズ

股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ