股関節、腰、膝の痛みを治すための正しい姿勢や立ち方、究極理論!

股関節、腰、膝の長引く痛みの、大きな原因のひとつに、「筋肉のこわばり」があります。

筋肉のこわばりとは、筋肉に力が入り続けて、硬くなっている状態です。

それによって、血流が悪くなり、痛みが出たり、長引いたりするのです。

詳しくは、記事「股関節、腰、膝の痛みの原因、自ら解消できる基本の2つ」などをご覧下さい。

この筋肉のこわばりの、大きな原因のひとつが、悪い姿勢や歩き方です。

姿勢や歩き方が悪いと、一部の筋肉に過剰に負担がかかってしまい、筋肉に力が入り続け、こわばっていきます。

では、筋肉がこわばらない、正しい姿勢や歩き方となるには、どうしたらよいでしょうか??

それには、次のステップを踏む必要があります。

1.正しい姿勢や歩き方の理論を理解する

2.正しい姿勢や歩き方のコツ(テクニック)を実践する

まずは、必ず理論を理解する必要がありあす。

理論を理解していなければ、コツ(テクニック)の目的がぼやけてしまい、正しいものが身につかないばかりでなく、間違った姿勢や歩き方を強めてしまう可能性があるからです。

ちなみに、私たちが子どものころは、全員正しい姿勢や歩き方でした。

ですので、新たに正しい姿勢や歩き方を身につけるというよりも、「思い出す」と言った方が、良いかもしれません。

今回の記事では、姿勢の代表的なものである立ち方、「正しい立ち方の理論」についてお話ししていきます。

正しい歩き方については、記事「股関節、腰、膝の痛みを治すための正しい歩き方理論のポイント4つ」をご覧下さい。

1.正しい立ち方の絶対原則

正しい立ち方とは、体の負担が少ない立ち方です。

つまり、無駄な力が抜けている、必要最小限の筋力を使った立ち方です。

多くの方は、正しい立ち方について、誤解しています。

筋力でがっちり体を固める立ち方が、正しい立ち方だと、誤解しているのです。

背筋を無理矢理ピーンと伸ばして、直立不動でいる姿勢が、正しい姿勢だと、誤解しているのです。

これは大きな誤解です。これらは、あえて言いますが、悪い立ち方、悪い姿勢です。

なぜなら、「力」というのは、物を破壊する方向へ作用するからです。

豆腐をイメージして下さい。

豆腐は、お箸で少しつまんだだけでも、すぐに崩れてしまいますよね。

このように、「力」というのは、弱かろうが、強かろうが、必ず物を破壊する方向へ作用するのです。

したがって、私たちにとって、自らに加えてしまう「力」である「筋力」は、できるだけ小さい方が良いのです。

発揮する筋力が大きければ大きいほど、関節や骨、内臓や筋肉そのものを、破壊していくのです。

そして当然、発揮する筋力が大きければ大きいほど、筋肉はどんどんこわばっていきます。

その結果、痛みが出やすい、痛みが長引きやすい体となっていくのです。

ということで、無駄な力を抜く、使う筋力は必要最小限にする、ということが、正しい立ち方の絶対原則なのです。

このことは、立ち方だけでなく、座り方など全ての姿勢、歩き方に当てはまります。

2.積み木のように立つ

先ほど「無駄な力が抜けている」と言いましたが、これの究極の状態は、力がゼロの状態です。

全く筋力を使っていない状態です。

積み木をイメージして下さい。

四角い積み木の上に、もう一つ同じ積み木を載せて手を離すと、どうでしょうか??

そのまま積み木は立っていますよね。

これはまさに、力がゼロで立っている状態です。

正しい立ち方を身につけるとは、究極的にはこの状態を目指すことなのです。

3.骨で立つ

人間の場合は、積み上げるのは積み木ではなく、骨になります。

筋力がゼロで骨が積み上がっている状態が、理想的な姿勢、立ち方となります。

ただこれは、あくまで理想ですので、現実的にはほぼ不可能です。

なぜなら、積み木と違って、骨と骨の接触面は、平らではなく、多くはカーブを描いているからです。

分かりやすく言えば、タマゴの上にタマゴを載せるようなものなのです。

タマゴの上にタマゴを載せておくには、やはり少しだけ外からの支える力が必要となります。

この外からの支える力が、筋力ということなのです。

そして、この筋力が最少となる立ち方が、正しい立ち方ということになるのです。

では、具体的には、どうすれば良いのでしょうか??

4.関節の中心軸と重心線を近づける

正しい立ち方をするには、やや専門的に言うと、関節の中心軸に、身体の重心線が通るようにすれば良いのです。

関節とは、骨と骨とが接するところです。

多くの関節は、曲がったり伸びたり、円を描くようにして動きます。

その円の中心が、関節の中心軸です。

重心とは、身体の重さの中心です。

重心線とは、重心から、重力の中心である地球の中心を結んだ線です。

この関節の中心軸に重心線が通っていれば、最少の筋力で、究極的には筋力がゼロで、立つことができます。

先ほどのタマゴの例ですと、タマゴの全ての接点に重心線が通っていれば、外から支える力がゼロで、立つことができるのです。

もっと具体的な例を挙げます。立っているときの膝をイメージして下さい。実際に試してみても良いです。

膝が伸びているときと曲がっているときでは、どちらの方が膝にかかる筋力は小さいでしょうか??

太腿の前の筋肉(大腿四頭筋)の筋力を比べてみて下さい。

筋力が小さいのは、膝が伸びているときです。

これは、膝が曲がっているときよりも、身体の重心線が膝関節の中心軸に近いからです。

このように、正しい立ち方とは、身体の重心線が関節の中心軸に近い立ち方なのです。

5.重心線を通す部位

実際に私たちの体のどこを重心線が通っていれば良いかは、上の図のようになります。

背骨は、元々ゆるやかなカーブを描いているので、関節の中心を通るところは一部だけとなります。

重心線が通るところを下から順にたどっていくと、足関節(距腿関節)、膝関節、股関節、背骨のカーブの変換点3つ(第5腰椎~仙骨、第12胸椎~第1腰椎、第7頚椎~第1胸椎)、第2頚椎歯突起となります。

まとめ

股関節、腰、膝の長引く痛みの大きな原因に、筋肉のこわばりがあります。

筋肉のこわばりとは、筋肉に力が入り続けてしまっている状態です。

そうなってしまう大きな原因が、姿勢や歩き方です。

したがって、股関節、腰、膝の長引く痛みを治す方法の一つは、必要最小限の筋力で姿勢をとったり、歩いたりすることなのです。

立ち方は、全ての姿勢、歩き方の基本です。

正しい姿勢、歩き方を身につけるには、まずは正しい立ち方の理論を理解することが必要です。

その絶対原則は、「無駄な力を抜く、使う筋力は必要最小限にする」、ということです。

そして、その具体的な理論は、「関節の中心軸に重心線を通すようにする」、ということです。

これは、座っているときも同じで、「骨盤から頭までの関節の中心軸に重心線を通すようにする」ということが、正しい座り方の理論のポイントになります。

このような正しい立ち方や座り方、姿勢になれば、筋肉のこわばりを解消することができ、筋肉をこわばらせないようにすることができるのです。

そして、股関節、腰、膝の長引く痛みは改善していき、痛みが出にくい体になっていくのです。

ということで、股関節、腰、膝の長引く痛みを治すために、正しい立ち方の理論は、是非とも知っておいて下さいね!
(^^)/

正しい歩き方については、記事「股関節、腰、膝の痛みを治すための正しい歩き方理論のポイント4つ」をご覧下さい。

解剖図:Michael Schünke 他:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器系,医学書院.2007.


股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ