真の健康の知識とは

今回の記事は、股関節、腰、膝の長引く『痛み』からは、少し離れた内容かもしれませんが、重要なことをお話しさせて頂きます。

以前、勤務先の病院でリハビリをさせて頂いていた、癌患者様のお話しです。60代の男性です。

直腸癌となり、手術をしたのですが、術後の状態が良くなく、HCU(high care unit)に入ったり出たりの繰り返しです。

HCUとは、高度治療室のことで、患者様の重篤度において、ICU(集中治療室)と一般病棟との中間に位置する病棟です。比較的高度な治療が必要なときに入る病棟で、24時間各種計測機器で管理されています。

この患者様は、呼吸状態が悪くなり、気管に管を入れられ、人工呼吸器での呼吸を余儀なくされることもありました。食欲もなく、体力も落ちていきました。

口癖のように、「痛い痛い」、「苦しい苦しい」とよくおっしゃっていました。

体には何本もの管が付けられ、自由に身動きできず、やっとのことで生きているといった状態でした。

その後、多少回復し、車いすに乗れるようになりました。しかし、体のダルさ倦怠感は、継続していました。「痛い、疲れる、苦しい」これらの言葉を、相変わらず口にしていました。

私は、このような患者様を間近で見ていて、こう思います。

「何でこんな辛い目に遭わないといけないのだろうか」

「安らかに亡くなる人もいれば、苦しんで亡くなる人もいるのは、なぜだろうか」

「安らかに亡くなる人と苦しんで亡くなる人の違いは、何だろうか・・・」

その答えは、恐らく、健康に関心があるかないかだと思います。そして、健康について、真に正しい知識を持っているかどうかだと思います。

健康は、人生の基本中の基本だと思います。健康でなければ、遊ぶこともできませんし、働くこともできません。健康をおろそかにしては絶対いけないと思います。

この記事を読まれているみなさまは、健康に関心のある方がほとんどだと思います。

みなさま、是非健康について真に正しい知識を持って下さい。真に正しい知識とは、自分で体験して得られた知識です。

本やテレビで言われている知識が、真に正しい知識かどうかは、分かりません。ご自身で実践して体験して初めてその判断を下せます。

みなさま、様々な実践、体験をして、真に健康な体となって、人生を楽しんでいきましょう!!
(^o^)/

写真提供:ペイレスイメージズ

股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ