動物園に学ぶ~力の抜けた歩き方

先日、
家族で名古屋の東山動物園に
行ってきました。

この日は日曜日ということもあって、
たくさんの家族連れで
賑わっていました。

私たちは
動物園の正門から入り、
順番に動物を観て回りました。

サイ、

ゾウ、

ライオン、

コアラ、

キリン、

フラミンゴ、

リス、

ヤギなど。

動物は、
観てるだけで
癒されますね♪
(^^)/

そして、
様々なことを
学ばせてくれます。

動物を眺めていると、
改めて感じることがありました。

それは、

「みんな力が抜けている」

ということです。

動物が、

寝ていたり、

座っていたり、

立っていたり、

歩いていたりするとき、

何とも言えない
「脱力感」をまとっています。

筋肉に力を入れて
身体を固めている雰囲気は
皆無です。

すばしっこく走り回っていた
リスでもそうです。

無駄な力が
全く入っていません。

彼らは、
「肩こり」や「腰痛」とは、
無縁のようです。

人間も
動物の一種です。

私は、
身体の使い方や歩き方に関しては、
人間も彼らと同じようにするのが
理想だと思っています。

動物は、
生き残るために
最も効率の良い生き方を選択しながら
進化してきています。

身体の使い方や歩き方についても
そうです。

人間は、
頭の使い方を優先的に
進化させてきました。

その代償として
身体の使い方や歩き方は
退化してきています。

私たちには、
イヌやネコのような
瞬発力やスピードは
ありません。

身体の使い方や歩き方に関しては、
彼らの方が上です。

その彼らの身体の使い方や歩き方の特徴は、

「無駄な力が入っていない」

ということです。

私たちが目指すべき身体の使い方や歩き方は、
まさにこれなのです。

そして、
このような身体こそが、
『痛み』が出にくい身体なのです。

みなさま、
道を歩いている
イヌやネコを観察したり、
動物園に行ったりして、
彼らから何かを学ぶのも
良いと思います。

様々な「気づき」によって、
人生がより豊かになるような
気がします。
(^^)/

 
 
※この記事は、
 『Feuno』オフィシャルブログ
 「股関節、腰、膝の痛みで、人生バラ色!」に
 2015年3月24日に投稿したものです
 
 
股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ