レポート無料プレゼント

レポート「痛みが治る最短ルート」の無料プレゼントをご希望頂き、ありがとうございます。

このレポートでは、長引く痛みを、病院にも通わず、薬も使わずに治した実例をあげ、何をすれば股関節や腰、膝などの長引く痛みから最速最短で解放されるのかについて、お話ししていきます。

この内容は、がん、心臓病、脳卒中、糖尿病、パーキンソン病、認知症など、あらゆる病気と無縁になる身体づくりにも直結していきます。

もしかしたら、このレポートを読んだだけでも、長引く痛みがずいぶん軽くなることがあるかもしれません(人によっては、このレポートをヒントに、長引く痛みを自分自身で治すことができてしまうかもしれません)。

そのくらいこのレポートは、あなたに強力な「安心感」「気づき」をもたらすのではないかと思います。(^^)/

レポートの内容

このレポートは、主に以下の内容になります。

  • 長引く痛みは治らない、付き合っていくしかないって、本当なの??
  • 痛みはどのようにして出るの??
  • 痛みの発生には、多くの要因が絡んでいる
  • 病院では痛みの原因を特定できない
  • 涙の手術宣告
  • 手術に気持ちが揺らぐ
  • 筋肉と歩き方にアプローチ
  • 医師への不信
  • 半年後に痛みが激減!!
  • 西洋医学への疑問
  • 長引く痛み、再び・・・
  • 初体験の鍼治療
  • 何もしない治療
  • トリガーポイントブロック注射
  • 筋肉揉みほぐし
  • 両肩「四十肩」の悲劇
  • ファスティングの威力を体感!!
  • 細胞を知る
  • 長引く痛みは生活習慣病だ!!
  • 長引く痛みの治し方はあらゆる病気を予防する

レポートの著者

著者:ふなこしのりひろ(本サイト管理人)1974年生まれ

  • 理学療法士(国家資格)
  • 細胞環境デザイン学認定講師(杏林予防医学研究所)
  • エキスパート・ファスティングマイスター(断食指導者)
  • メンタルケア・スペシャリスト

人工股関節の手術宣告をされた元股関節痛患者、腰椎椎間板ヘルニア除去術を受けた元腰痛患者、股関節を脱臼骨折して脛骨を粉砕骨折した元骨折患者。学校に通えなくなった元引きこもり、心療内科に通ったこともある元うつ病患者

2011年11月、突然右の股関節に痛みが発生し、翌12月に某大学病院整形外科にて「人工股関節全置換術(THA)」の手術宣告を受ける。このとき37歳。手術を断固拒否し、翌年2月から自ら股関節痛を治すための取り組みを実践する。その取り組み開始から半年後、その痛みは約80%も改善。1年後には、ほとんど痛みはなくなる。趣味であるサーフィンも楽しめるようになる。

2013年、両肩とも四十肩の痛みに悩まされる。鎮痛薬、マッサージ、鍼、トリガーブロック注射など、様々な治療を試みるが、どれも奏功せず。2015年2月、ファスティングドリンクを使用したファスティング(断食)を7日間実践したところ、両肩の四十肩の痛みが激減。さらに同年6月に6日間のファスティングを実践。同年の秋ごろ、その痛みはほとんどなくなる。

世界中の無駄な痛み、無駄な手術を撲滅すべく、2012年12月、股関節、腰、膝の痛みを専門としたセラピーサロン「Feuno(フーノ)」を立ち上げ、多くの痛みを解決に導く。

著者の詳細はこちらから⇒プロフィール

著者のサービス一覧はこちらから⇒サービス一覧

レポートの受け取り方

無料レポート「痛みが治る最短ルート」は、私の公式LINEアカウントでプレゼントさせて頂いています。下のボタンをクリックして、私の公式LINEアカウントを友だち追加して、それに直接「無料レポート希望」とメッセージをお送り下さい。

友だち追加

そのメッセージを確認でき次第、私から無料レポートのPDFファイルをお送り致します。

ちなみに、私の公式LINEアカウントでは、LINE限定のキャンペーンなどもお知らせしています

このレポート「痛みが治る最短ルート」が、痛みに困っている世界中の方々に届くよう、心より願っています。どうぞよろしくお願い致します。(^^)/