お客様の痛み

『Feuno』の「痛みセラピー」をご利用された方の『痛み』をご紹介します。

1.股関節痛の方(70代女性)
2.膝痛や首痛の方(50代女性)
3.股関節痛の方(50代女性)
4.腰痛の方(30代男性)
5.股関節痛、下肢痛としびれ、腰痛の方(40代女性)
6.股関節痛と異音(弾発股)の方(20代女性)
7.腰痛の方(20代男性)

1.股関節痛の方(70代女性、愛知県名古屋市在住)

「痛みセラピー」ご利用前までの経過

26年前、歩いているときに、左の鼠径部が引きつり、痛みが出ることがあった。休むと治り、歩くと引きつる、ということを繰り返していた。

病院の整形外科を受診すると、股関節亜脱臼との診断を受けた。手術をするほどではないが、酷くなったら手術をするようにと言われた。

その後、様々な整体院や治療院で施術や治療を受けた。その場では痛みは改善するが、また元に戻っていった。そのうち、腰も痛くなっていった。

1年前に、股関節が猛烈に痛くなった。腰から脚の後ろ側にかけても痛みが出るようになった。病院で処方される痛み止めの薬も、どんどん強いものに変わっていった。医師から手術を勧められているが、手術はどうしてもしたくない。

友人が『Feuno』のホームページを見つけて、利用を勧められた。

Feunoに初めて来られたとき

左の股関節をとても痛そうにして、痛みをかばいながら歩いていた。全身に力が入っていて、とても硬い歩き方だった。触診してみると、左の股関節周りはもちろんのこと、左下肢の筋肉が全体的にこわばっていた。右下肢の筋肉も、左下肢に比べては軽いが、こわばっていた。左の股関節周りと、左と右の太腿に痛みがあった。お菓子が好きで、頻回に食べていた。

「痛みセラピー」をご利用して約2ヶ月後

全ての痛みがほとんどなくなった。歩き方が非常に柔らかくなった。どこに痛みがあるのか分からないぐらい、普通の人と同じような歩き方になった。「横断歩道を歩いて渡っていて赤信号になりそうになったとき、無意識に走っていて、痛みなく走ることができたことに、とてもビックリした!」とのことで、とても嬉しかったとのこと。

Feunoのコメント

70代という自然治癒力が弱くなっている年齢で、26年間も患っていた手術宣告された痛みが、約2ヶ月でほとんどなくなったことに、非常に驚きました。途中、痛みが増強したときもありましたが、それには心理的な要因が大きく関わっていたため、カウンセリングにより痛みが増強した理由を理解してもらったところ、痛みは軽減していきました。

「痛みセラピー」ご利用前後の動画

この方の、『Feuno』に初めて来られたときと、約2ヶ月後の、歩いているときの動画を記録してあります。この動画を見れば、長年痛み治療に関わっている私が驚くのも無理もない、と思うでしょう。それぐらい別人のような歩き方になっています。

ただ、この動画は、無制限には公開しておりません。本気で長引く痛みを自分自身で治したい方に限って、お見せしています。痛みが劇的に改善したこの方の動画をご覧になりたい方は、下記『お問い合わせ』ページの題名に「動画希望」と入力して、メッセージ本文は空欄のまま送信して下さい。その動画ページのアドレスをお伝え致します。
【こちらをクリック】→『お問い合わせ』

【「痛みセラピー」のお申込みはこちらをクリック】→『痛みセラピーお申込み』

 

2.膝痛や首痛の方(50代女性 愛知県名古屋市在住)

「痛みセラピー」ご利用前までの経過

3年ほど前に両肩とも痛みが出て(いわゆる五十肩)、左右とも1年ぐらい痛みが続いた。

約7ヶ月前に首の痛みが出るようになった。病院の整形外科を受診すると、変形性の頚椎症との診断を受け、C5の変形によって神経が圧迫されて痛みが出ているとの説明を受ける。その病院のリハビリで、首を鍛える運動を教えてもらい、その運動を実践してみるが、その運動をすればするほど、どんどん痛くなっていった。趣味のヨガができなくなってしまった。

約3ヶ月前、この方が通っていたヨガスタジオで開催した私のイベント「ふねさん痛みの大相談会」に参加される。

約2ヶ月前に膝の痛みが出るようになった。膝は左右とも痛みがある。特に左の膝が痛く、曲げることができず、正座ができない。病院の整形外科を受診すると、X線(レントゲン)画像検査では特に異常はみられず、MRI画像検査では一部白くなっている所見があり、炎症が起こって水が溜まって腫れていることが痛みの原因ではないかとの説明を受ける。そして、2度にわたってヒアルロン酸の注射を実施するが、痛みは改善しなかった。

約2週間前に腰の痛みが出るようになった。

直感で「Feunoの痛みセラピーは自分に絶対合う」と思っていた。

Feunoに初めて来られたとき

体中が痛いと訴えられていた。両下肢をはじめ、全身的に筋肉がこわばっていた。歩き方もやや硬い。人といると力が入りやすく、呼吸も浅い気がするとのこと。「痛みセラピー」を申し込んだだけで、痛みが楽になっていった気がするとのこと。痛みは、精神的なこともケアしないと消えないような気がするとのこと。

「痛みセラピー」をご利用して約1ヶ月後

首の痛みは、以前と比べて、気にしていない時間が長くなった。膝は、強い痛みや腫れがなくなり、深く曲げることもできるようになった。腰は、ダルさは続いているが、痛みはなくなった。

「自分の中で一番変わったことは、身体を労りながら動作をすることを意識できるようになったことです。 いろいろと、自分の身体の使い方に、クセがあることに気づきます。 これからも、力を入れすぎないで、負担の少ない楽な姿勢や動作を探していきたいです。」

「痛みセラピー」をご利用して約1ヶ月半後

4日間のファスティングドリンクを使用したファスティング(断食)を実施。ファスティング後、首や膝の痛みが改善。

 

「心身ともにとても快調です。痛みが減ったのは膝です。格段に良くなりました。不思議なことに、ファスティング直後は、首の痛みもほとんど感じられませんでした。ただ、首の痛みは、日によって様々ですが、痛みが気になるときもあります。」

「最初にセラピーを受けたときは、朝起きて、階下へ降りる階段を、手すりを使って一段ずつ降りていた自分が、ファスティング後、手放しでタッタッと降りていることには、ホントにビックリです。」

「特に首の痛みが和らいだことに驚きました。痛みはゼロにはなっていなですが、かなり軽くなっています。膝も良くなっているので、近々ヨガを再開できるかもしれない!」

「痛みセラピー」をご利用して約4ヶ月半後

「膝の痛みはなくなりました(長く正座をすると、動きが悪くなったり、軽い痛みが出たりすることはあります)。歩くことも、曲げ伸ばしにも、不安がなくなり、日常の動作も支障なく行うことができて、とても嬉しいです。 首の痛みに関しては、時々、やや強く出ることもあります。でも、気にならなくなっています。全体的には、とても良くなったと感じられます。」

「前回のファスティング後、体の調子がとても良くなったのですが、大きな収穫だったことは、偏頭痛の心配が格段に減ったことです。私にとって頭痛の痛みから(薬から)解放されるということは、人生の大きなプラスの変化です。 それから、更年期のホットフラッシュも回数が減り、気づけば最近は全くなくなりました。」

「膝や首の痛みを治したいと思ってファスティングをして、頭痛が治ったことは、はじめは意外だと感じました。 でも、よく考えれば、どこの痛みも体のサインであることに変わりはないのですね。細胞が元気になって、頭痛の要因になりうる他の条件も合わせて減らしていけば、頭痛ゼロを目指すこともできるのかなと希望が持てます。」

「前回のファスティングから時間が経って、また、食事も少し乱れがちなので、また、細胞を元気にリセットしたいと思います。ふなこし先生に励ましを頂き、それが大きな支えとなっています。ありがとうございます。 」とのことで、5日間のファスティングドリンクを使用したファスティングを実施。首の痛みが、さらに改善した。

「下肢静脈が浮き出ていたのが、ほとんど気にならないぐらいに治ってしまいました。ファスティングは凄いですね!」

Feunoのコメント

長引く痛みは、姿勢や歩き方、食事やファスティング(断食)、心理的なケアなど、総合力によって治っていきます。しかも、痛みが治るだけではなく、体の様々な症状も同時に治っていきます。この方は、翌年にはヨガを再開されております。

【「痛みセラピー」のお申込みはこちらをクリック】→『痛みセラピーお申込み』

 

3.股関節痛の方(50代女性、愛知県常滑市在住)

「痛みセラピー」ご利用前までの経過

約7ヶ月前、右脚に痛みがあったが、どこが痛いのかよく分からなかった。運動が好きで、健康体操教室に通っていた。

約6ヶ月前、階段から転落。右の股関節がズキズキしていて、股関節を叩くと痛みが周囲に散らばる感じがあった。その後、整形外科クリニックを受診。右の股関節の隙間が狭くなっていると指摘され、左の股関節の状態も悪いと指摘される。

医師から、「あまり動いてはいけない。動けば悪くなる一方。健康体操教室はお休みした方が良い。どうしても運動をしたいのなら、水泳ぐらいしかない。」と助言され、手術を提案される。さらに、「手術をしても痛みがとれるだけで、体操教室で運動することはできない。」と言われる。

運動について健康体操教室のインストラクターに相談したところ、「全く動かないより少しでも運動をした方が良い」と助言され、その教室には通い続ける。

以降、別の整形外科クリニックや整体院に通う。その整形外科クリニックでは、杖を使うよう助言されたり、電気刺激療法を受けたりしているが、とくに痛みが改善する様子はなかった。

インターネット検索で『Feuno』のホームページを見つけ、股関節痛を治すために、今後の生活習慣を教えて欲しいと思うようになる。

Feunoに初めて来られたとき

歩くとき、右脚を踏み込むときに、右の股関節に痛みが出る。そのため、右脚を棒のように硬くして、痛みをかばうようにして歩いている。他にも、椅子に座る動作、右足の靴下を履く動作をするときなどに、右の股関節周囲に痛みが出る。また、ベッドで仰向けに寝ると、右足のつま先が自然と外側を向いてしまう。触診をすると、左下肢に比べて右下肢の筋肉が全体的にこわばっていた。

このとき、特に次のことを訴えられていた。

・歩くときに足が床に着くとき、股関節が痛い。

・右脚がフワフワする感じがする。右脚が短くなった気がする。

・朝の方が、股関節がこわばっている感じがする。毎朝、目覚めてしばらくは動かないようにして、しばらく経ってから動くようにしている。

・夜は痛みは比較的楽。ただ、夜に着付けをしているが、着付けの後は痛い。

・医師は「ダメだダメだ」と言うだけで、どうして良いのか分からない。

・手術は避けたいと思っている。

・何故自分がこうなってしまったのか、この境遇をなかなか受け止められない。

「痛みセラピー」をご利用して約3ヶ月半後

この方の股関節の痛みは、良くなったり悪くなったりを繰り返し、全体的には改善へと向かっていった。この間、数回『Feuno』に来られて、私の施術を受ける。そのたびに痛みは軽減していき、歩くときの痛みはほとんどなくなり、靴下も履きやすくなり、仰向けで寝たときの右足のつま先の向きも、左足と同じようになった。

この間、次のことを言われていました。

「脚の調子が今までとは違います。先生のお話で自分の股関節がどの様になっているのか、少し分かってきたようです。」

「痛みの状況を自分で分かることが大事で、気持ちが前向きになり、このようにして治していこうという方向性が見えてきました。」

「最初の施術を受けてから、痛みが軽くなってきました。自分らしくなってきた感じがします。」

「教えて頂いた体操をすると、だいぶ良い感じがします。」

「トイレの便座に座るとき、以前より楽に座れるようになりました。」

Feunoのコメント

医師からのネガティブな意見に翻弄され、無力感に悩み苦しまれていましたが、カウンセリングによって少しずつ気持ちが前向きになっていきました。長引く痛みを治すには、数ヶ月という長いスパンでの取り組みが必要となってきます。長引く痛みは、良くなったり悪くなったりを繰り返し、全体的には改善していくというケースが多いです。

【「痛みセラピー」のお申込みはこちらをクリック】→『痛みセラピーお申込み』

 

4.腰痛の方(30代男性、愛知県岡崎市在住)

「痛みの本当の場所が分かって安心しました!楽に座れます♪」

「力が入らずに座れる感じがあります。楽ですね。」

「どこで診てもらっても腰が痛いと言うと、腰に電気を当てたり、腰に鍼をうったり、腰の治療しかしてもらえませんでした。でも、あまり良くなりませんでした。」

「今日、痛みの本当の場所が分かって安心しました!」

【「痛みセラピー」のお申込みはこちらをクリック】→『痛みセラピーお申込み』

 

5.股関節痛、下肢痛としびれ、腰痛の方(40代女性、愛知県知多郡阿久比町在住)

「スムーズに歩いていると実感します♪希望の光が見えてきました!」

↑歩行(セラピー前)

↑歩行(セラピー後)

「病院で手術を宣告されたとき、首をつって死のうかと思っていました。でも今は希望の光が見えてきた感じです!」

「横にぶれずに歩けるようなりました。自分でもよく分かります。スムーズに歩いているという自覚があります。」

【「痛みセラピー」のお申込みはこちらをクリック】→『痛みセラピーお申込み』

 

6.股関節痛と異音(弾発股)の方(20代女性、奈良県在住)

「良くなってきました♪遠いけど、ふなこし先生の指導を受けたいです!」

↑足を伸ばすとつま先が外を向く現象(セラピー前)

↑足を伸ばすとつま先が外を向く現象(セラピー後)

「だいぶ良くなってきました!遠いですけど、やっぱり、ふなこし先生に指導を受けて改善していきたいです!」

【「痛みセラピー」のお申込みはこちらをクリック】→『痛みセラピーお申込み』

 

7.腰痛の方(20代男性、愛知県名古屋市在住)

「あれ?先生、腰が痛くない!!」

↑背中をそらす動作(セラピー前)

↑背中をそらす動作(セラピー後)

「腰が痛くない、先生!」

「あれ?腰をそらしたら詰まる感じがしたのに、痛くない!」

【「痛みセラピー」のお申込みはこちらをクリック】→『痛みセラピーお申込み』