コーヒー豆の販売について

僕のコーヒー豆の販売や注文方法についてなど、注文する前に知っておいて欲しいことを書きましたので、是非読んで下さいね~♪

あわせて、僕のコーヒー豆の焙煎や販売のポリシーを書いたこちらのページも、是非ご覧下さい⇒「Feuno Coffee Roaster

コーヒー豆販売への想い

焙煎や販売のポリシーを書いたページでも少し話してるけど、僕のコーヒー豆焙煎はひと味違う。

何が違うかというと、注文したその人のことを感じながら、今のその人に合うように焙煎する、オーダーメイド焙煎。名付けて、スピリチュアルロースト(spiritual roast)★(^^)/

ただの作業にはしたくない

僕は、コーヒー豆の焙煎や販売を、ただの作業にはしたくなかった。人と繋がるため、人とコミュニケーションを取るための、人と仲良くなるための、パートナーにしたかった。

一杯のコーヒーという作品

そして、一杯のコーヒーという作品を、注文した人と一緒に制作するイメージを持っている。

その人の心地良さを引き出す焙煎をする僕と、その味を楽しみにしながら淹れるその人とで表現される、オリジナルな作品。その作品でしか味わえないコーヒーを楽しむ。そんな時間を創り出せれば良いな~って思ってる。

「今回は前回よりも、もう少しフルーティーさが欲しいな~」、「では、こっちの豆で少し浅めで焙煎してみましょうか~」、みたいな感じで、相談しながら望みのコーヒー豆に仕上げていくのも面白い。ときにはコーヒーとは関係ない話もしたりして(笑)。

僕のテーマは「癒し」

僕はセラピストでもあって、これまで数え切れないぐらい多くの方々の体や心のサポートをしてきた。そのサポートのテーマは「癒し」。このコーヒー豆の焙煎や販売でも、それは同じ。

コーヒーを通じて僕と関わることで、少しでも癒しが訪れてくれたら良いな~って思ってる。

人が主役でコーヒー豆はパートナー

つまり、僕のコーヒー豆の焙煎や販売は、人が主役のサービスということだ。コーヒー豆は主役ではなくパートナー。僕と一緒に癒しを届けるパートナーだ。

ということで、僕はこんな想いでコーヒー豆を焙煎して販売したいと思ってる。キーワードは、作品、癒し、スピリチュアル。

どうぞよろしくお願い致します♪(^^)/

コーヒー豆の注文方法

コーヒー豆の注文は、僕のLINE公式アカウントからのみ受け付けています。下のボタンをクリックして、友だち追加をして下さい★

友だち追加

※ときどきLINE公式アカウント限定でセールを行うことがあるので、友だち追加だけでもしておくと良いですよ~(^^)/

注文で伝えてもらうこと

注文するときは、次のことをLINEで伝えて下さい。※販売は豆のままのみです

  1. 豆の種類:原産国名など、もしくは「おまかせ」
  2. 豆の量:生豆120gが単位になります
  3. 焙煎度や味、イメージや前回との比較など
  4. 届け先:郵便番号、住所、氏名
  5. その他の希望

焙煎度の目安

焙煎度の名称は、基本的に焙煎後のコーヒー豆の色や雰囲気で区別しています。次の画像のような感じです。※「ノール珈琲館」様の画像を改変

焙煎度が浅い方から順に、次の8段階で呼んでいます。

  1. ライトロースト
  2. シナモンロースト
  3. ミディアムロースト
  4. ハイロースト
  5. シティロースト
  6. フルシティロースト
  7. フレンチロースト
  8. イタリアンロースト

ちなみに僕は、これらの焙煎度を次のように4段階で呼ぶこともあります。

  1. ライトロースト、シナモンロースト⇒浅煎り
  2. ミディアムロースト、ハイロースト⇒中煎り
  3. シティロースト、フルシティロースト⇒中深煎り
  4. フレンチロースト、イタリアンロースト⇒深煎り

焙煎度、味、イメージの伝え方

注文するときに、ご希望の焙煎度や味などを伝えて頂きますが、「前回よりも少しだけ浅めに焙煎して欲しい」、「前回よりもコクを強くしたい」、「前回よりも爽やかな感じがいい」というように、前回を基準にしたコメントを頂ければ、よりご希望に沿った仕上がりになると思います。

「爽やかな5月の風」、「晩秋の暖かい陽だまり」などのイメージを伝えて頂いても良いです。イメージとしてこんな画像を送って頂いても良いです。

ちなみに、これらの画像は僕が撮ったものです。イメージとして送って頂く画像は、このような風景的なものに限らず、どんなものでも良いです。僕の友達の中には、次のようなカードを写真に撮って送ってくれた人もいます(画像出典:カードの履歴)。

こんな感じで、僕のコーヒー豆焙煎を自由に遊んで下さいね~★イメージ優先の場合は、豆の種類は「おまかせ」がおススメです。(^^)/

コーヒー豆ラインナップ

取り扱っているコーヒー豆をご紹介します。僕が焙煎して販売するコーヒー豆は、全て品質が極めて高い「スペシャルティコーヒー」です。豆の紹介の中に出てくる「カッピング情報」とは、生豆屋さんが浅煎りで焙煎したものを試飲して味や香りを評価したものです。なので、焙煎度が違えば味や香りも異なってきますので、参考程度にして下さいね。

★NEW BEANS ⇒9月14日:エチオピア(ナチュラル)ニュークロップ、コスタリカ(SL28 ナチュラル)

※いずれも多くは仕入れていないので、売り切れになってしまったらゴメンナサイ!(>_<)

【ラインナップ一覧】※価格は全て税込で生豆120g分

アフリカエリア

中米エリア

コスタリカ(SL28 ナチュラル):9月14日~

品種:SL28

標高:1,300~1,600m

クロップ(収穫時期):2019-20(2019年10月1日~2020年9月30日)

処理方法:ウォッシュド

生豆屋さんのカッピング情報:ケニア品種であるこちらのロットは、ピーチ、ライチ、カシスといったジューシーな果実味に黒糖の甘さ、ハーブの余韻が心地よい非常にコンプレックスなロット。ピーチ、ライチ、カシス、ハーブ、黒糖、ジューシー。

価格:1,250円(税込)/生豆120g分

この写真は、僕がミディアムローストで焙煎したときのもの。全く同じ豆のウォッシュド(以下にある8月1日発売開始のもの)と比べると、よりフルーティーさが際立っていて、これまた美味かった!豆が同じでも処理方法が違うと味も香りも違ってくる、ってことを身をもって確認することができた。コーヒー豆は、面白いな~♪(^^)/

エチオピア(ナチュラル)ニュークロップ:9月14日~

品種:74110、74112(エチオピア在来種)

標高:1,900~2,200m

クロップ(収穫時期):2020-21(2020年10月1日~2021年9月30日)

処理方法:ナチュラル

生豆屋さんのカッピング情報:クリアなフレーバー、エチオピア独特のフローラル感。クリーミー、ジャスミン、ライチ、フローラル。

価格:950円(税込)/生豆120g分

この写真は、僕がミディアムローストで焙煎したときのもの。飲んでみたらニュークロップ&ナチュラルならではの鋭くて瑞々しいワインの香りと味がたまらんかった!後味もスッキリ甘い

ニュークロップとはお米でいうと新米みたいなもの。新鮮だから浅めの焙煎だと、その生命力というかエネルギーというか、そんなのを強く感じることができる。ニュークロップを楽しめるのはこの時期ならでは!(^^)/

エチオピア(ナチュラル):8月18日~

品種:エチオピア在来種

標高:1,900~2,050m

クロップ(収穫時期):2019-20(2019年10月1日~2020年9月30日)

処理方法:ナチュラル

生豆屋さんのカッピング情報:黄桃やベリーのストーンフルーツのスイートさが持続的に続く。 ほのかにアロエやライムのような鼻から抜けるソフトなアロマが特徴。黄桃、アロエ、ライム、ベリー。

価格:900円(税込)/生豆120g分

この写真は、僕がミディアムローストで焙煎したときのもの。豆を挽いた瞬間、甘い香りが漂ってきて、ほのかにワインの香りも感じられる。飲んでみると、甘酸っぱいワインのような味!これは美味い!(^^)/

同じエチオピアでも、下のウォッシュドとナチュラルでは、香りや味がだいぶ変わる。今回の違いは、ナチュラルはワインウォッシュドはスパイシー、って感じ。どちらも美味し♪(^_-)-☆

エチオピア(ウォッシュド):8月18日~

品種:エチオピア在来種

標高:1,900~2,050m

クロップ(収穫時期):2019-20(2019年10月1日~2020年9月30日)

処理方法:ウォッシュド

生豆屋さんのカッピング情報:フローラルでレモンやオレンジを思わす柑橘系の明るい風味と、冷めてくるにつれてハニー、ピーチ、アプリコットなどジューシーな果実味や甘さも感じられる。非常にクリアでしっかりとした甘さの余韻が楽しめる。フローラル、レモンティー、ハニー、ピーチ、スイート。

価格:900円(税込)/生豆120g分

この写真は、僕がミディアムローストで焙煎したときのもの。挽いた瞬間に甘い香りとスパイシーな香りが飛び出してきて、飲んでみると甘酸っぱくてスパイシーで美味し♪不思議なことにキウイみたいって感じたよ。こんな感想は初めて。(^^)/

同じエチオピアでも、上のナチュラルとウォッシュドでは、香りや味がだいぶ変わる。今回の違いは、ウォッシュドはスパイシーナチュラルはワイン、って感じ。どちらも美味し♪(^_-)-☆

この写真は、僕がフレンチローストで焙煎したときのもの。煎りたてを飲んでみると、香りも味も香ばしい苦味が全面に出てて、深煎りの王道って感じ。それも上質なやつ。バームクーヘンと一緒に飲んだけど、めちゃくちゃ合う!美味いね~♪

飲み頃(焙煎してから約10日後)に飲んでみると、味も香りも深みが増しててさらに美味しかったよ~!苦味は落ち着いていて、ワインのような果実感がアクセントとして感じられる。(^^)/

コスタリカ(SL28 ウォッシュド):8月1日~

品種:SL28

標高:1,300~1,600m

クロップ(収穫時期):2019-20(2019年10月1日~2020年9月30日)

処理方法:ウォッシュド

生豆屋さんのカッピング情報:まるでケニアを思わせるようなカシスやトロピカルフルーツのフレーバーに、柑橘の酸、キャラメルの甘さなど品種の風味がウォッシュド精製により明確に感じられるクオリティの高いロット。カシス、クランベリー、トロピカル、オレンジ、キャラメル。

価格:1,250円(税込)/生豆120g分

この写真は、僕がミディアムローストで焙煎したときのもの。手挽きミルで挽いた瞬間、甘い香りが一気に広がってきてビックリした♪飲んでみると、紅茶のようなフィーリングで、カシスや柑橘系の果物の味がする。これは美味いね~♪

品種はSL28というもので、ケニアで開発された高級豆。だからか、香りや味がケニアの豆のような雰囲気がある。冷めてくると、以前のケニアの豆で感じたように、温かいグレープフルーツジュースのような味わいとなった。ジューシーで特別感がある豆だね。(^^)/

ちなみに、SL28という品種について少し解説すると、かつてケニアに「Scott Agricultural Laboratories(スコット農業研究所)」という研究機関があって、そこではコーヒーの研究開発も行われていた。その研究開発による品種改良で生まれたコーヒー豆には、研究所の頭文字「SL」とシリアル番号を合わせたコードネームが付けられた。

SL28とは、このスコット研究所で開発された28番目のコーヒー豆、ということだ。この豆は、収穫量が少なく、香りや味が非常に優れていることから、高値で取引されていて高級品種として知られているのだ。(^^)/

この写真は、僕がフルシティローストで焙煎したときのもの。ジューシーでめちゃくちゃ美味かった!程よい苦味がしっかりとありながら、クリーミーで柑橘系の甘さを感じる!この焙煎度も良いね~(^^)/

この写真は、「真夏のアスファルトとプールの帰り」のイメージで、というオーダーを頂いて焙煎したときのもの。飲んでみたら、イメージ通りの香りや味で、我ながらビックリ!そして美味い♪♪

夕方、太陽に照りつけられて焼けた匂いのするアスファルトの道を、プールの帰りに歩きながら、思いっきり遊んだ爽やかさと、楽しかった一日が終わってしまうという切なさと甘酸っぱさ。そんなのが同居した感じに仕上がった。焙煎度は深めのハイローストぐらいかな。コーヒー豆焙煎は、アートだ!(^^)/

コスタリカ(ゲイシャ):8月1日~

品種:ゲイシャ

標高:1,400~1,900m

クロップ(収穫時期):2019-20(2019年10月1日~2020年9月30日)

処理方法:ナチュラル

価格:1,300円(税込)/生豆120g分

ついに、超高級コーヒー豆のゲイシャ種を初めてラインナップ!産地はコスタリカ。この写真は、僕がミディアムローストで焙煎したときのもの。焙煎後の仕上がりが、とにかく綺麗♪

煎りたてを飲んでみると、それはもう「上品」の一言に尽きる!品の良いフルーツティーを飲んでるみたい。華やかな香りとほのかな甘さの余韻が続く。言葉で上手く表現できないけど、コーヒーだけどコーヒーじゃない。ゲイシャ未経験な人には、是非とも飲んでみて欲しい。コーヒーの概念が覆されると思う!(^_-)-☆

ちなみに、このゲイシャ種について少し解説すると、ゲイシャ種が脚光を浴びるようになったのは2004年。この年に開催されたコーヒーの国際品評会「ベスト・オブ・パナマ」で、パナマのエスメラルダ農園が出品したこの豆が、当時の落札最高額の世界記録を更新して優勝し、関係者を非常に驚かせたのだ!この出来事は「ゲイシャショック」と呼ばれている。

こんなことが起こったのは当然、香りや味がずば抜けて高品質だから。とんでもなく良い香りで美味しいから。また、ゲイシャ種は栽培が難しく収穫量が少ないので、希少価値が高い。このようなことから、現在でも高値で取引されていて、超高級品種として知られているのだ。(^^)/

グァテマラ:8月1日~

品種:カトゥーラ

標高:1,500m

クロップ(収穫時期):2019-20(2019年10月1日~2020年9月30日)

処理方法:ウォッシュド

価格:850円(税込)/生豆120g分

この写真は、僕がミディアムローストで焙煎したときのもの。豆を挽いた瞬間、キャラメルのような甘くて香ばしい香りがしてきた。飲んでみると、やはりキャラメル風味!甘さの中にスパイシーさも見え隠れする。これも美味い!(^^)/

ホンジュラス:6月17日~

品種:カトゥアイ

標高:1,750m

クロップ(収穫時期):2019-20(2019年10月1日~2020年9月30日)

処理方法:ナチュラル

生豆屋さんのカッピング情報:完熟したマンゴーを思わせる甘さと、ワインのような甘いアフターテイストが特徴的。ベリー、マンゴー、レモネード、ピーチコンポート、玉露。

価格:1,000円(税込)/生豆120g分

この写真は、僕がミディアムローストで焙煎したときのもの。焙煎機から取り出して最初に思ったのが、「綺麗な豆だな~♪」ってこと。見た目がとても綺麗なのだ。で、手引きミルで豆を挽いていて思ったのが、「香りが凄い!!」ってこと。中煎りのコーヒー豆らしい爽やかで香ばしい香りが、一気に飛び出してくる。ここまで強い香りを放つ豆は、久しぶりだった。

飲んでみると、その香りにふさわしく、とっても爽やかで飲みやすかった。グビグビいけてしまう感じ(笑)。ワインのような味がありながら、日本茶(玉露?)のような感じもあった。そして、程良いスパイシーさも感じ、後味に甘味が残る。エチオピアの豆に通じるところがあるな~って思った。

この写真は、僕がフレンチローストで焙煎したときのもの。やはり見た目が綺麗。そして、やはり香りが凄かった!深煎りらしい重厚な香りでありつつも、ほのかにワインの香りもする。

そして、飲んでみてビックリ!深煎りらしい苦味があるんだけど、僕の頭の中に浮かんだ最初の言葉は、「ジューシー!」。濃厚なグレープジュースのような味を感じるのだ。深煎りのコーヒーを飲んでジューシーさを感じたのは、これが初めて。こんなコーヒーもあるんだ~って、新たな発見をした感じ。(^^)/

ということで、ホンジュラスのこの豆は、どの焙煎度でも美味しくなることは間違いない!焙煎度によって、その香りや味の表情を変えながらも、質の高さが維持されている。いや~、良い豆に出会ったよ!(^^)/

送料、配達、お支払いなど

送料は生豆重さ480g分までごとに全国一律300円です。お届けは「クリックポスト」による郵便ポストへの配達になります。配達できるのは日本国内のみです。

お支払いは銀行振込になります。振込手数料は注文された方のご負担になります。振込先は注文受付後にお伝えします。

こちらでお支払額のご入金が確認できましたら、焙煎して発送させて頂きます。発送が完了しましたら、ご連絡させて頂きます。

注文を頂いてすぐには焙煎できないこともあるので、お届けに時間がかかってしまうこともあるかもしれません。そのときはゴメンナサイ!(>_<)

おさらい

では最後に、僕のコーヒー豆の注文のおさらいです。

コーヒー豆の注文は、僕のLINE公式アカウントからのみ受け付けています。下のボタンをクリックして、友だち追加をして下さい★

友だち追加

※ときどきLINE公式アカウント限定でセールを行うことがあるので、友だち追加だけでもしておくと良いですよ~(^^)/

注文するときは、次のことをLINEで伝えて下さい。

  1. 豆の種類:原産国名など、もしくは「おまかせ」
  2. 豆の量:生豆120gが単位になります
  3. 焙煎度や味、イメージや前回との比較など
  4. 届け先:郵便番号、住所、氏名
  5. その他の希望

ということで、一緒に自由にコーヒーを楽しんでいきましょう~!(^^)/

★僕のコーヒー豆の焙煎や販売のポリシーを書いたこちらのページ、まだご覧になっていない人は、是非!⇒「Feuno Coffee Roaster