アイシングは股関節、腰、膝の痛みに有効か?その3つのポイント

あなたはどこか痛めたときに、「冷やすと良いよ」と、誰かに言われたことはないでしょうか??

捻挫してしまったときなど、炎症を起こして熱を持っているときに、患部を保冷剤や氷などで冷やしている光景は、よく見かけられます。

このように、患部を冷やすことを、「アイシング」と言います。

アイシングは、怪我をしたときなど、体を損傷したときの急性期の処置として、広く一般的に普及していると思います。

急性期の処置としては、アイシング以外にも、安静、圧迫、挙上が良く知られており、これらを合わせて、「RICE(ライス)処置」や「RICEの法則」と呼ばれています。

この言葉は、安静、アイシング(冷却)、圧迫、挙上の英語の頭文字から作られています。

R:Rest(安静)
I:Icing(冷却)
C:Compression(圧迫)
E:Elevation(挙上)

このRICE処置は、1978年にDr.Gabe Mirkinが提唱したもので、世界的に普及しています。

このRICE処置の目的は何かというと、「炎症を抑えること」なのです。

ここで質問です。RICE処置にも含まれているアイシングは、痛みを治すための正しい行為なのでしょうか??

そして、アイシングは、股関節、腰、膝の長引く痛み治すために、行った方が良いのでしょうか??

1.アイシングのデメリット

記事「炎症による股関節、腰、膝の痛みの基本的な治し方」でお話ししていますが、傷めた体を治すためには、炎症という過程が必要です。炎症が起こることによって、傷めたところが治っていくのです。

炎症が起こると、発赤、腫脹、熱感、疼痛という、いわゆる「炎症の4徴候」の症状があらわれます。

このうち、発赤、腫脹、熱感は、患部への血流量が増加するために起こるものです。

これは、体にダメージが加わると、自動的に起こる現象です。私たちが生まれながらに持っている、体の仕組みです。

つまり、患部を治すためには、患部への血流量を増やすことが必要ということです。

ところが、アイシングは、この患部への血流量を、増やすどころか、減らしてしまうのです!

なぜなら、アイシングは、血管を収縮させて、血流を悪くさせてしまうからです。

そして、一度血管が収縮してしまうと、再び拡張するまでに数時間かかってしまう可能性があります。

したがって、アイシングをすると、患部の治癒を大幅に遅らせてしまうことになるのです!

このアイシングによるデメリットについては、様々な研究論文で報告されているようです。

例えば、以下のデメリットが報告されています。

・30分以上の長時間のアイシングによって、神経のダメージが残存した

・アイシングによって神経麻痺を起こしてしまった

・アイシングは筋損傷の回復を遅らせることになる

・アイシングはリンパ液の流れ阻害してしまう

・アイシングによって浮腫の回復が阻害される

・アイシングはアスリートのスピードや持久力などの、パフォーマンス能力を低下させる

そして、1978年に「RICE処置」を提唱したDr.Gabe Mirkinは、2014年にその考えを覆しました。

自身のホームページ「DrMirkin.com」の「Why Ice Delays Recovery」という記事で、「アイシングは治癒を助けるものではなく、遅らせるかもしれない」と述べています。

このように、アイシングには多くのデメリットがあります。

2.股関節、腰、膝の長引く痛みとアイシング

記事「股関節、腰、膝の痛みの原因、自ら解消できる基本の2つ」でお話ししていますが、股関節、腰、膝の痛みが長引いてしまう理由の一つが、血流不全です。

血流が悪いと、痛みが長引いてしまうのです。

アイシングは、血流を悪くさせてしまいます。

ですので、股関節、腰、膝の長引く痛みに対してアイシングを行うと、痛みを治すどころか、さらに痛みを長引かせてしまうことになります。

3.アイシングのメリットと注意点

デメリットが多いアイシングですが、全くメリットがないわけではありません。

アイシングには、痛みを和らげる効果があります。

ですので、例えば、傷めたところの痛みがあまりにも強い場合や、体を傷めた選手が至急競技に復帰しないとならない場合などでは、アイシングが役に立ちます。

しかしこれは、炎症反応を抑えたり、神経を麻痺させたりして、痛みを感じにくくさせているだけなのです。

傷めたところを治しているわけではなく、むしろ、傷めたところの治癒を遅らせているのです。

そして、いくつかの研究論文で、アイシングは、20分以上行うと、神経や組織の損傷を引き起こす可能性が高い、運動パフォーマンスの低下を引き起こす、と報告されています。

したがって、痛みを和らげる目的でアイシングをするにしても、その時間は20分までとした方が良いでしょう。

まとめ

傷めたところを治すには、炎症が必要不可欠です。

アイシングは、血流を悪くして、この炎症反応を抑えてしまい、傷めたところの治癒を遅らせてしまいます。

したがって、アイシングは、傷めたところを治すための正しい行為ではありません。誤った行為です。

ただ、アイシングは、痛みを感じにくくさせる効果があります。

しかし、20分以上のアイシングは、体を傷める可能性が高いです。

以上のことから、アイシングは、次のような認識を持っておきましょう。

アイシングは、基本的には行わない

痛みがあまりにも強い場合は、20分以内なら行っても良い

股関節、腰、膝の長引く痛みに対しては、アイシングを行ってはダメ

アイシングは、痛みをごまかすことはできるが、治りを遅らせているのです!

ということで、アイシングは、メリットとデメリットをしっかりと認識したうえで、行うようにしましょう。(^^)/

この記事の内容について詳しく知りたい方は、「Sportsmedicine」という雑誌の2015年6月号の記事、「アイシングの有効性をめぐる文献的考察」をご覧下さい。