今すぐ股関節痛を治そうとしないと死ぬとき後悔する

★ふなこしの股関節痛コラム

今日のコラムは、かなり長いです。最初は股関節痛に関係なさそうな内容ですが、最後に結びついていきます。(^^)/

昨日、僕の大好きな名古屋在住のシンガーソングライター「こうけつまさき」さんのライブに行ってきました。

相変わらず歌もギターも上手くて、圧倒されました!そして、こんなメッセージがグサッと僕に突き刺さりました。

「後悔なく生きろ!」って。

これ、こうけつさんがステージでそう言った訳でもなく、歌詞に入っている言葉でもありません。

こうけつさんが歌っている姿を見て、頭の中でこの言葉を感じたのです。

僕はいつも、死ぬときに後悔することがないよう、可能な限り自分の望みに従って生きています

でも、ずっと後回しにしていることがあるのです。それは、歌を歌うことです。

僕は歌が下手くそなのですが、歌うことは好きなので、歌の練習をして、そこそこ歌えるようになりたい!ってずっと思っていました。

でも、何だかんだ優先順位を落として、何の取り組みもしていません。(T_T)

そして、昨日のこうけつさんを見て「歌わないと絶対に後悔する!」って強く感じたのです・・

みなさん、死ぬとき後悔がないように生きていますか?

「あれをやっておけば良かった・・。あそこに行っておけば良かった・・」など、死ぬときになってこのように感じるのは、もの凄く苦しくて辛いことだと思います。

すなわち、自分の望みを叶えようとしなかったことに、強い苦しみを感じることになる、ということです。

そして僕のように、望みを見て見ぬ振りしていると、死ぬときに苦しむことになるのだと思います。

で、そうならないように、このような見て見ぬ振りしてる望みを自覚させる出来事が、人生の中でたびたび起こるようになっているのでは、って思います。

それが、今回の僕でいえば、こうけつさんのライブでした。

そして、このコラムを読んでいるあなたにとっては、今苦しんでいる股関節痛なのかもしれません。

痛みのせいで不自由になると、自分の望みを強く認識するようになります。

「痛みがなければあれをしたかった・・。痛みがなければあそこに行きたかった・・」といった感じで。

つまり、長引く股関節痛は、自分の望みをあぶり出して、死ぬときに後悔がないようにしてくれている、という側面もあるように思います。

そして、望みを自覚できたら、後悔がないようにすべきことは、行動です。望みを叶えようと速やかに行動することが必須です。

で、股関節痛のために望みを叶えられないのであれば、股関節痛を治すための行動を速やかにとることです。

これを先延ばしにしていると、望みを叶えようとする行動を放棄することになるので、死ぬときに後悔して苦しむことになるのではと思います。

ということで今日の内容をまとめると、長引く股関節痛は、死ぬときに後悔して苦しまないよう、自分の望みを自覚させようとするものでもある。

そして、望みを自覚できたなら、それを叶えようと速やかに行動することが必須で、股関節痛が支障になっているなら、股関節痛を治す取り組みを速やかに始めることが必須。

股関節痛を治したいと思いつつ、治すことを後回しにしてはいませんか?

死ぬときに後悔しないよう、自分の望みを叶えるために、今すぐにでも股関節痛を治す取り組みを始めましょう!(^^)/

ちなみに、こうけつさんについて以前に書いた僕の記事、よかったら見て下さいね↓

本当の優しさ=その場の雰囲気を心地良くすること最優先~こうけつさんからの学び

★まる分かり股関節痛セミナー

まる分かり股関節痛セミナー

★股関節痛プレミアム(施術&歩き方指導)

股関節痛プレミアム

股関節痛が治るレポート無料プレゼント中!

手術宣告された股関節痛でも、手術せずに治せる可能性が十分にあります。私(管理人)が書いたレポート「股関節痛が治る最短ルート」では、私が経験した股関節痛だけではなく、他の長引く痛みも自分自身で治してしまった実例をあげ、股関節痛を最速最短で確実に治すために必要なことは何かについて、お話ししています。

股関節痛について本当のことを知って欲しいので、無料でプレゼントしています。是非受け取って下さいね!下のボタンをクリックして受け取りページに進んで下さい。(^^)/


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。