【ぎっくり腰が1日で良くなる!痛みを自分で治す方法】完全版

「ぎっくり腰」は、急に起こる腰の激痛のことです。あまりにも突然に強い痛みがはしることから、欧米では「魔女の一撃」とも言われています。ぎっくり腰になると、その痛みで身動きが取れなくなり、その場でうずくまってしまうこともあります。

このぎっくり腰、意外と簡単になってしまいます。よくある話では、くしゃみをしただけでぎっくり腰になったりします。様々な悪条件が重なると、あっと言う間に“魔女の餌食”になってしまいます。痛みの専門家である私も、年に1回ぐらいはぎっくり腰になることがあります。(^^;)

しかし、そのぎっくり腰を、私は1日で良くすることが出来るのす!(^^)/

この記事では、私が実践しているぎっくり腰を1日で良くするコツをお話ししていきます。これを知っていれば、ぎっくり腰を自分で簡単に治すことが出来るようになると思いますよ~♪

【追記】さらに最速最短でぎっくり腰を治したいときは、記事「ぎっくり腰、やっぱり1日で治った!ミネラル、ビタミン、水分補給がカギ」もご覧下さいね。

1.ぎっくり腰は筋肉の切り傷

実は、ぎっくり腰は、腰の筋肉に瞬間的に強い力がかかって、その筋肉を傷めてしまっている状態であることがほとんどだと思われます。

ぎっくり腰は、ただ単に、腰の筋肉を傷めてしまっただけ、つまり、「ぎっくり腰は切り傷のようなもの」なのです。

傷口を治すとき

例えば、カッターナイフなどで指を少し切ってしまったとき、どうしますか?おそらく、絆創膏でも貼って、「ほったらかし」ではないでしょうか?

転んでどこかを擦りむいてしまったときも、「ほったらかし」だと思います。「ほったらかし」とは、放置ということです。

また、このような怪我をしたとき、傷口をいじくったりはしないと思います。傷口をいじくれば、痛みが出るし治りが悪くなることは明らかです。

ぎっくり腰も、切り傷や擦り傷と同じようなことなのです!

ぎっくり腰を治すとき

ぎっくり腰になったときに、腰に何かしようとすることは、切り傷の傷口をいじくるのと、全く同じことなのです。

ぎっくり腰の痛みを何とかしようと、腰をもんでもらったり、ストレッチをしたり、体操をしたり、筋トレをしたりすると、余計に痛くなったり、なかなか治らなくなったりします。

このようなことをしていれば、治るものも治っていきません。

つまり、「ぎっくり腰には何もしない」ということが、ぎっくり腰を速やかに治す基本中の基本なのです。

そう、ぎっくり腰は、怪我と同じように、自分自身の自然治癒力によって、勝手に治っていくものなのです。長くても2週間も経てば、痛みは消えているでしょう。ぎっくり腰に、余計なことをしてはいけません。(^^)/

2.ぎっくり腰を治す3つの心がけ

以上のことを踏まえて、ぎっくり腰の痛みを治すために私が心がけていることは、次の3つです。

  1. 痛みをできるだけ気にしない
  2. 痛みが出ないように身体をかばう
  3. できるだけ全身の力を抜くようにしている

これを見て分かるように、治療的なことは一切しません。これを心がける方が良い理由は、次の通りです。

  1. 痛みは、気にすればするほど、強く長引きやすくなる、という特徴があるから
  2. 痛みが出るということは、傷めているところをさらに傷めつけている、ということだから
  3. 筋肉に力が入っていると血流が悪くなり、血流が悪いと、痛みは強く長引きやすくなり、自然治癒力も発揮されにくくなるから

ということで、ぎっくり腰を自分で速やかに治したいのであれば、基本的にはこのことを実践しているだけで良いのです。(^^)/

3.鎮痛薬、湿布、入浴など

ただ、あまりにも痛みが強い場合は、痛みを和らげる工夫をしても良いと思います。なぜなら、強い痛みを感じ続けていると、痛みを感じやすくなってしまい、痛みが出やすくなって治りにくくなってしまうからです。

痛み止めの薬や湿布の使用について

痛みを和らげる工夫として思いつくのは、やはり痛み止めの薬(鎮痛薬)湿布だと思います。これらは効果が強いので、強い痛みを一気に和らげてくれる有効な手段になります。

しかし、是非知っておいて欲しいことは、痛み止めの薬や湿布は、傷めたところを治している訳ではなく、痛みを強引に感じにくくさせて誤魔化すだけのもの、ということです。

これらを長く使っていると、全身の健全な協調性が乱されてしまい、自然治癒力が低下し、結果的に治りにくい身体になってしまうことになります。

ですので、痛み止めの薬や湿布は、必要最小限にしておきましょう。

お風呂で温めて身体を冷やさない

また、血流を良くするとぎっくり腰は治りやすくなるので、お風呂に入ったり、足湯をしたり、カイロなどで腰を温めたりするのも、良いと思います。

私は薬や湿布よりも、こちらの方が断然おススメです。血流が良くなれば、ぎっくり腰の痛みが和らぐだけでなく、全身的な健康効果が期待できるからです。

逆に、冷やすと血流が悪くなってしまうので、なるべく身体を冷やさないようにしましょう。

4.ぎっくり腰が治る歩き方

ぎっくり腰になると、まともに歩けなくなる人も多いと思います。歩くと痛みが出るので、歩くことは良くないって思ってる人もいると思います。

しかし、私の場合は、歩けば歩くほど痛みが治っていくのです!これを誰かに話すと、みんなビックリします。

腰の筋肉に力を入れると痛みが出る

冒頭でお話ししたように、ぎっくり腰は筋肉を傷めているために痛みが出ていることがほとんどだと思います。なので、傷めている腰の筋肉に力が入ると、痛みが出るようになります。

逆に言うと、傷めている筋肉に力が入らなければ痛みは出ない、ということです。

最小限の筋力で歩いて血流を促す

私は、健康にとって正しい歩き方を知っていて、それを実践しています。健康にとって正しい歩き方とは、無駄な力を抜いて必要最小限の筋力で歩く歩き方です。つまり、腰の筋肉にも必要最小限の力しか入らない歩き方です。

また、「歩けば歩くほど」とは、たくさん歩くということです。たくさん歩くとは、長い時間運動するということであり、血流を促すことになります。

つまり、私がたくさん歩くとは、腰へのダメージを最小限にしながら血流を促している、ということなのです。その結果、私のぎっくり腰は、歩けば歩くほど治っていくようになるのです。

【追伸】この記事の最後の方で、ぎっくり腰が良くなっていく歩き方をマスターできるミニマニュアル「ぎっくり腰ウォーキング★初めの一歩」の無料プレゼントをご案内していますので、興味があればご活用してみて下さいね。

5.自然治癒力が高いと簡単に治る

お話ししているように、ぎっくり腰を治しているのは、自然治癒力です。ぎっくり腰が簡単に治るかどうかは、自然治癒力の高さによります。

元々の自然治癒力が高ければ、ぎっくり腰は速やかに治っていきます。では、自然治癒力を高くするには、どうすれば良いでしょうか?

自然治癒力は細胞の力

自然治癒力を発揮しているのは、全身60兆個にもおよぶ細胞です。ですので、それぞれの細胞の機能が高いほど、自然治癒力も高くなります。

したがって、自然治癒力を高くするには、細胞の機能を高くすれば良いのです。

細胞の力は生活習慣に影響されている

細胞も私たちと同じ生き物です。細胞も私たちと同じように、日々の生活から様々な影響を受けて、調子が良くなったり悪くなったりします。

つまり、細胞は私たちの生活習慣によって、機能が高まったり落ちたりするのです。

ということで、食事、運動、睡眠、ストレスなどの生活習慣を、健康にとって良いものにすれば、自然治癒力は高くなり、ぎっくり腰も簡単に治るようになるのです。

私はこのような生活習慣を実践しているので、なおさらぎっくり腰がすぐに治るのだと思います。(^^)/

ファスティングで自然治癒力が劇的に高まる

なお、自然治癒力を劇的に高める方法の一つに、ファスティング(断食)があります。ファスティングをすると、全身のあらゆる細胞が活性化され、自然治癒力が一気に高まります。私も年に数回、7~10日ほどのファスティングを実践しています。

私が実践しているファスティングは、全く飲まず食わずではなく、水とファスティングドリンクを摂取して、安全に最大限の効果を得られるよう工夫されているものです。横綱白鵬など、様々なアスリートや著名人も実践しているものです。

ファスティングドリンクとは、身体に必要なあらゆる栄養素を、ほとんど消化の作業が必要ないぐらい低分子化したドリンクです。栄養素が豊富な野菜や果物から作られています。

まとめ

さて、お話ししてきたように、ぎっくり腰は誰でも簡単になってしまいます。それと同じように、誰でも簡単に良くすることも出来るのです。今回の記事では、その方法をお話ししました。要点をまとめますね。

ぎっくり腰を治すための3つの心がけ

痛みをできるだけ気にしない

痛みが出ないように身体をかばう

できるだけ全身の力を抜くようにしている

ぎっくり腰を治すために実践すべき3つこと

温めて血流を良くする

健康にとって正しい歩き方で歩く

食事、運動、睡眠、ストレスなどの生活習慣を、健康にとって良いものにする

ぎっくり腰の改善&予防

この「3つの心がけ」と「3つの実践」を行っていれば、ぎっくり腰はあっ気なく治ってしまいます。私はいつもこのようにして、ぎっくり腰を1日で良くしているのです♪

ぎっくり腰は正しいことをしていれば簡単に治ります。ぎっくり腰をすぐに治すためにも、予防するためにも、これらを実践することをおススメします。(^^)/

ぎっくり腰が良くなる歩き方、無料プレゼント!

お話ししたように、私はぎっくり腰が治っていく不思議な歩き方をしています。ただ、不思議と言っても、これは誰でもできる歩き方です。もっと言えば、誰でも子どものころは、このような歩き方をしていました。

私はこの歩き方をマスターするためのマニュアル「楽ちん!鎮痛ウォーキング」を作っていますが、ぎっくり腰の痛みがすぐにでも楽になるよう、即効性の高い歩き方のコツを選抜して、ミニマニュアル「ぎっくり腰ウォーキング★初めの一歩」を作りました。

このミニマニュアル、特別に無料でプレゼントさせて頂きます!ミニマニュアルの詳細や受け取り方は、こちらのページでご案内していますので、是非ご覧下さいね↓

ぎっくり腰ウォーキング初めの一歩

歩き方と生活習慣のマニュアル

これまでお話ししてきたように、歩き方や生活習慣を健康にとって良いものにしていると自然治癒力が高まっていくので、ぎっくり腰は最速最短で治っていくようになります。

また、ぎっくり腰だけでなく、他の痛みや病気も最速最短で治っていくようになり、それらを予防することができます。

私は痛みや健康の専門家として、健康にとって正しい歩き方や、理想的な生活習慣、ファスティングについての実践マニュアルを作成しており、このマニュアルの内容を実践していれば、無駄な痛みや病気を予防することができますし、最速最短で痛みや病気が治っていくようになります。

ご興味がある方は、以下の各マニュアル詳細ページをご覧下さいね。

・歩き方マニュアル「楽ちん!鎮痛ウォーキング」

楽ちん!鎮痛ウォーキング

・生活習慣マニュアル「かわいい細胞の育て方」

かわいい細胞の育て方

・ファスティングマニュアル「超簡単!すっきりファスティング」

超簡単!すっきりファスティング

最後に

ということで、ぎっくり腰はそれほど怖いものではない、ということを知って頂けましたでしょうか。正しいことをしていれば、切り傷が治っていくように、あっ気なく治っていってしまうのです。

この記事を読んで下さった方の、ぎっくり腰の痛みが、いち早く良くなっていくことを、心よりお祈り致しております!

【追記】さらに最速最短でぎっくり腰を治したいときは、記事「ぎっくり腰、やっぱり1日で治った!ミネラル、ビタミン、水分補給がカギ」もご覧下さいね。

ちなみに、この記事の内容は、ぎっくり腰に限らず、股関節の痛み、膝の痛みなど、全ての急な痛みに当てはまることですので、是非応用してみて下さいね。(^^)/

「痛みが治る最短ルート」無料プレゼント!

手術宣告された股関節痛腰痛でも、手術をせずに治ってしまうことがあります。私(管理人)が書いたレポート「痛みが治る最短ルート」では、長引く痛みを、病院にも通わず、薬も使わずに治した実例をあげ、痛みを最速最短で確実に治すために必要なことは何かについて、お話ししています。

痛みについて本当のことを知って欲しいので、無料でプレゼントしています。是非受け取って下さいね!下のボタンをクリックして受け取りページに進んで下さい。(^^)/


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です