【股関節痛は病院に行かずとも半年後に治った】股関節痛経験者ブログ⑩最終回

この記事は、記事【股関節痛でもサーフィンできた!その準備と注意点】股関節痛経験者ブログ⑨の続きです。

1.股関節痛は半年後にほとんど出なくなる

2012年2月3日に、私の股関節痛を診て下さった東京のセラピストは言いました。「この痛みは半年もすればなくなる痛みですね」。あれから半年経った8月3日、私の股関節痛、、、ほとんどなくなりました~!(^o^)/

日常生活で股関節痛が出ることは全くありません。それは、股関節痛が出そうなことをしていないからかもしれませんが、裏返せば、股関節痛が出そうな動きは、私の生活において必要のない動き、ということでもあります。

一般的に、痛みが出ないように身体をかばうと、別のところに痛みが出てくることがよくありますが、そのような痛みもありません。

以前には人工股関節の手術も覚悟した股関節痛でしたが、それに悩まされることは、もうありません!

ストレッチのし過ぎで出るようになった股関節痛もなくなりました。あぐらも楽にかけるようになりました。ただ、サーフィンをすると、少し股関節痛が出ることがありましたが、この痛みは日常生活で出ることはありませんでした。

股関節痛でフジロックへ

すっかり股関節痛みから解放されていた私は、7月27日、新潟県の苗場スキー場で毎年開催されている野外音楽イベント「FUJI ROCK FESTIVAL’12」に行ってきました!

楽しくて楽しくて、いたるところで飛び跳ねていました(笑)。かなり激しく動き回っていましたが、股関節痛は全く出ませんでした

上の写真は、「FUJI ROCK FESTIVAL’12」での一コマです。大好きなバンドの一つである「THE STONE ROSES」の、ライブ終了後の写真です。このバンドは、この前年2011年に、15年ぶりに再結成し活動を再開しました。新たなチャレンジです!

この写真で、メンバーが気持ち良く両手を挙げているように、私も気持ち良くいろんなことにチャレンジしていきたいと思いました。(^^)/

ぎっくり腰の次は虫歯の痛み

さて、前回の記事のぎっくり腰に続き、またオチがあります。6月の終わりごろ、奥歯が虫歯になってしまいました。その虫歯のせいで、頭や顔までも痛くなってしまいました。

小学生のとき以来、なんと25年ぶりぐらいに、歯医者さんのお世話になることになってしまいました!

毎週のように治療をしてもらい、痛みがなくなったり、痛みが出たりの繰り返しです。痛みがあると、何もする気になれなくなってしまいます(涙)。

この虫歯は、セラピストである私へ、「痛みを抱えている人の気持ちを忘れるな!」、というメッセージなのでしょうか?(^^;)

このころは、股関節痛、ぎっくり腰、虫歯と、いろんな痛みを経験していました。痛み治療に携わる者として、これらの経験を忘れずに、痛みに苦しんでいる方がいち早く痛みから解放されるよう、ベストを尽くしていこうと思いました。(^^)/

2.股関節痛は1年後にほぼ完治

そして、股関節痛を自分で治し始めてちょうど1年後の2013年2月3日がやって来ました。私の股関節痛、、、全くなくなりました!ほぼ完治と言って良い状態です。(^o^)/

歩くときも、自転車に乗るときも、階段を昇るときも、あぐらをかくときも、サーフィンするときも、股関節痛は出ません。(^^)v

ただ、強いて言えば、極々まれに、歩き始めのときに姿勢が定まらず、股関節に違和感が少し出るときがありました。しかし、この違和感は、歩く姿勢が定まってしまえば消えていきました。

3.股関節痛から3年後の感想

さらに、股関節痛を自分で治し始めて3年後、私の股関節はどうなったかというと、、、全く痛くありません!明らかに完治です!2014年5月には、ハワイでサーフィンすることも出来ました♪♪(^o^)/

写真:ハワイでサーフィンする私

今では股関節痛なく快適に過ごせ、股関節を激しく使うサーフィンまで出来てしまう状態に、「大学病院での診断は何だったのだろう・・」と思うばかりです。

でも、私にとって、この股関節痛は、とても良い経験となりました。「痛み」についてとても詳しくなり、「痛み」を治すための知識やスキルを、たくさん得ることができたからです。(^^)/

4.股関節痛からの学びと生き甲斐

その後、私は、2年以上続いた自分の四十肩の痛みを自分自身で治したり、痛みに悩まされている多くの方々をサポートさせて頂いたりする中で、最速最短で痛みを治せるようになるための知識やスキルを、ますます習得していくようになりました。

それは、医学や医療の分野だけに留まりません。例えば、ファスティング(断食)、細胞環境デザイン学、量子力学など。そして、古武術、氣、意識、エネルギー、さらには、スピリチュアル的なものまで。

長引く痛みを自分自身で最速最短で治すために役立ちそうなものは、何でも吸収していっています。このような学びと、痛みに悩まされている方をサポートすることが、今では私のライフワークとなっています。

ということは、私は手術宣告された股関節痛から「生き甲斐」をプレゼントされていたのです!(^^)/

今の私があるのは、股関節痛のお陰です。あんなに辛くて憎たらしかった股関節痛ですが、今では心から感謝しています。当時は、後にこんな心境になるとは、全く思いもしませんでした。

「人生何が起こるか分からない」とよく言いますが、これは本当のことで、最悪なことが最高なことに変わったりするのです。

いや、最悪なことは最高なことに、必ず変わるのです!私たちはこの感動のドラマを体験するために、生まれて生きているのです!私はそう思っています。

ですので、今は痛みに悩み苦しんで絶望しているとしても、楽しく幸せな自分らしい人生を、諦める必要は全くありません。いつも最高の自分を夢見ていれば、必ず変化は起ります。決して腐らず、前だけを見続けるようにしましょう。

ではこれで、私の股関節痛経験談を終わらせて頂きます。おしまい。(^^)/

今回の経験談のポイント

1.病院では本当に正しいことは教えてもらえない

結局、人工股関節の手術宣告をされた私の股関節痛は、手術をすることなく完治してしまいました。これまでの完治度の経過としては、自分で治す取り組みを始めてから半年後には80%、1年後には95%、3年後には100%、といった感じです。

なので、手術宣告された股関節痛でも、このように治っていくのです。今の私は、当時よりも痛みを治すための知識やスキルを格段に多く持っているので、もっと何倍も早く治せるでしょう。

「大学病院での診断は、何だったのか・・」、本当にそう思います。お医者さんの言うことが全てではありません。むしろ、健康にとって本当のことは、一般的なお医者さんからは教えてもらえないのではと思っています。

病院で絶望的な診断を受けても、絶望することはありません。本当のことは、病院以外のところにあります。

股関節痛というのは、本当に正しいことをしていれば、あっけなく治ってしまうものだと思っています。

2.痛みは生きている限り必ず出る

私は股関節痛以外に、ぎっくり腰の痛み、虫歯の痛みも出るようになりました。そう、痛みは出るものなのです。痛みが全く出なくなる人生は、あり得ません。

私たちは、周りの環境から様々な影響を受けながら、生きています。その影響の中には、私たちの身体に害を及ぼすものもあります。そして、実際に害を受けて身体が傷ついていることを教えてくれるのが、痛みなのです。

つまり、痛みは生き延びていくためには必須のもので、痛みがなければすぐに死んでしまうのです。痛みは生きている限り必ず出るものなのです。

重要なことは、痛みが出た後どうするか、ということです。痛みが出たということは、身体にとって悪いことをしていますよ、ということです。

なので、痛みが出たら、ただ単に、身体にとって悪いことをやめて、良いことをすれば良いだけの話なのです。

この本質を知らずに、見かけ上の痛みの原因を取り去ったり、痛みという感覚を消してしまったりすることだけに終始していると、後にどんどん身体は傷みやすくなっていき、痛みに苦しむ辛い人生になっていくのです。

見かけ上の痛みの原因を取り去るとは、関節を手術することなどです。痛みという感覚を消すとは、痛み止めの薬や湿布を使うことなどです。

ということで、痛みは「身体が傷ついていますよ~」と教えてくれる単なるサインであり、身体にとって悪いことをしていたことを気づかせてくれるもの、というように理解しておきましょう。

3.股関節痛が治ることを純粋に求め続ける

痛みがなかなか治らないのは、辛いです。この痛みは一生続くのでは、と思ってしまいます。しかし、一生続くものは、この世にありません。どんなものでも必ず変化し、終わっていきます。そして、新たに始まっていきます。

私は自分の痛みを観察し、このことを実感しています。股関節痛、ぎっくり腰の痛み、虫歯の痛み、その後2年以上続いた四十肩の痛み、どの痛みも変化していき、全て終わりました

ただ、何もせずに痛みが終わった訳ではありません。変化には、自分が期待している良い変化もあれば、さらに辛くなる悪い変化もあります。

私は純粋に、心から、良い変化だけを求めていました。すると、良い変化に繋がる物事が、次々とやって来たのです。例えば、東京のセラピストを見つけることが出来たり、加茂先生の本に出会うことが出来たり。

「求めよ、さらば与えられん」という言葉があるように、求めれば必ず与えられるのです。

私は、自分の痛みが治ること、痛みの治し方を知ること、楽しく生きること、これらを求め続けていました。すると、全て与えられたのです!最悪なことが最高なことに変わったのです!

なので、股関節痛を治すために、股関節痛が治ることを、純粋に求め続けて下さい。そうすると、あなたの股関節痛が治るために必要なことが、次から次へとやって来るでしょう。もしかしたら、私のホームページを見つけたことも、その一つかもしれませんね。(^^)/

私は、股関節痛を根本的に治すための「股関節痛パーフェクトセラピー」というものを行っています。最速最短で股関節痛が治るよう全力でサポートさせて頂いていますので、是非ご利用下さいね。

あなたの股関節痛が最速最短で治ることを、心よりお祈り致しております。それでは!(^o^)/

「痛みが治る最短ルート」無料プレゼント!

手術宣告された股関節痛腰痛でも、手術をせずに治ってしまうことがあります。私(管理人)が書いたレポート「痛みが治る最短ルート」では、長引く痛みを、病院にも通わず、薬も使わずに治した実例をあげ、痛みを最速最短で確実に治すために必要なことは何かについて、お話ししています。

痛みについて本当のことを知って欲しいので、無料でプレゼントしています。是非受け取って下さいね!下のボタンをクリックして受け取りページに進んで下さい。(^^)/


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です