【人工股関節の手術をする?しない?苦悩の日々】私の股関節痛物語④

この記事は、記事【私の股関節の状態が明らかに!辛かった忘年会・・・】私の股関節痛物語③の続きです。

人工股関節の手術をする?しない?苦悩の日々

1.人工股関節の手術へ気持ちが傾いていく

ロキソニンのおかげで、発症当初の半分の痛みで生活が出来ていました。しかし痛みが完全に消える気配をあまり感じません。

2012年1月上旬、痛みが出始めてから2か月が経過しました。痛みを抱えた生活にどんどん疲れていき、「手術した方がいいかな・・・」と、少し手術の方へ気持ちが傾きだしました。

実は私には、手術の経験がこれまでに3回あります。交通事故のときの緊急手術、その手術で脛骨の骨折部を支えるために埋め込まれた金属プレートを抜く手術、2001年2月に受けた腰椎椎間板ヘルニア除去手術の3回です。

このように私には手術経験が数回あるため、私の手術に対する抵抗感が比較的小さくなっていました。このことも人工股関節の手術に気持ちが傾いていった要因でした。

2.続いていく苦悩する日々

しかし、手術には多くのデメリットがあります。手術をすることで身体全体のバランスが崩れ身体に様々な悪影響が出る、休職をすることになるので職場に迷惑がかかり収入も減ることになります。

人工股関節の脱臼リスクを避けるために、身体の動きに制限をかける必要があり、半年から1年間は運動をすることが禁止となります。さらに、リハビリの仕事が出来なくなる激しいスポーツが出来なくなる、といったことになってしまいます。

特に今回は、手術をしたからといって痛みが治るかどうか分からない、という大きなリスクが存在します。

実際に、これまで私が出会った人工股関節の手術をされた方々の中には、手術をしても痛みが治らなかった方、逆に痛みが強くなったり麻痺が出てしまった方が、たくさんいらっしゃいました。

やっぱり、手術は怖い・・・したくない!」という気持ちと、「手術しかないかも・・・」という気持ちが、毎日頭の中で交錯していました。

3.インターネットで情報収集

私は「同じように股関節を痛めた人はどうしているのだろう?他に痛みをなくす方法はないのか?」と思い、インターネットでいろんなページを見て回りました。

そこでは、手術をして痛みがなくなり喜んでいる人、手術をしたことを後悔している人、手術を迷っている人など、様々な感想や意見を知ることが出来ました。

また、手術をせずに痛みを軽減させる治療法や治療者についても知ることが出来ました。手術以外で痛みを軽減させる方法は、以前から私もいくつか知っており、私の職場の同僚にも、そのようなことをできるセラピストがいました。

ただ、そのような治療法は、治療をしたそのときだけ痛みが楽になり、しばらくすると再び痛みが出てくることがほとんどです。

4.微かな光が見えた瞬間!!

そのような中、あるブログがとても気になりました。それは股関節の痛みを、その場だけでなく、継続して軽減させることに成功しているセラピストのブログでした。

その方は、私と同じ資格である、理学療法士の資格を持っている方でした。病院に勤めているのではなく、自ら開業して施術などを行っています。

その方の痛み治療の考え方に、とても共感しました。股関節の痛みは、日々の姿勢や歩き方に原因があるとの視点から、セラピーを行っていました。

その方がセラピーを行っている場所は東京にあり、私が住んでいる名古屋からは遠かったですが、勉強がてら、一度私の痛みを診てもらうことにしました。(^^)

今回のお話しのポイント

1.精神的に参ってしまう前に本当のことを知る

痛みは、長引けば長引くほど、精神的に参ってきてしまいます。毎日生きているのが辛くなってきてしまいます。そうなると、判断力が低下していってしまいます。すると、手っ取り早く痛みを治せそうな治療に、飛びつきがちになってしまいます。そして、「えいや!」といった感じで、一か八かで手術を決断したりしてしまいます。

私もこのようになりそうでした。しかし私は医療従事者であり、毎日のように人工股関節術後の患者さんのリハビリを行っていたので、人工股関節の手術をした後の生活がどのようなものになるか、よく知っていました。

そのデメリットは、今後の私の人生において、どうしても受け入れられなかったので、何とか手術を決断せずに踏みとどまることが出来ていました。今では、手術を決断しなくて本当に良かったと、心から思っています。

自分にとってベストな選択をするためには、冷静な判断力と正しい知識が必要です。ですので、痛みが長引いて精神的に参ってしまう前に、痛みについて本当のことを知ることが、非常に大切なことになります。是非このホームページの記事や、私のセミナーやサポートなどで、痛みについて本当のことを知って下さいね。(^^)/

2.治療は補助的な役割に過ぎない

実は、痛みに対する治療のほとんどは、その場では痛みが改善しても、数時間~数日で元に戻ってしまいます。なぜなら、痛みを治しているのは、治療そのものではなく、自分自身の自然治癒力だからです。

ですので、いくら素晴らしい治療を受けても、自分の自然治癒力があまりにも低下していれば、痛みはすぐに元に戻ってしまいます。逆に、自然治癒力が高ければ、どのような治療でも、簡単に治ってしまいます。ただ、このような場合は、そもそも痛みが長引いていくことはありません。

全ての治療は、自然治癒力を発揮させやすくしているだけに過ぎないのです。ですので、痛みを根本的に治すためには、治療の効果に一喜一憂するのではなく、自分自身の自然治癒力を上げていくことが何より重要なことなのです。

3.原因を辿って根っこの問題を解決する

痛みが長引くには、それなりの原因があります。その原因を、どんどん辿っていくと、痛みを治すために何をすれば良いかが、自ずと分かっていきます。

多くの人は、痛みがあると、患部にその原因がある、と思うのではないでしょうか?例えば、股関節に痛みがあるなら、股関節に何らかの異常が発生して、それが原因で痛みが出ている。そして、その股関節の異常を治せば痛みも治る、と考えるのではないでしょうか?

確かに、その股関節の異常を治すことで痛みが治ることはあります。しかし、その股関節の異常が発生してしまう原因も必ずあり、その原因は残ったままです。するとそのうち、再び股関節に同じ異常が発生し、再び股関節に痛みが出るようになるのです。

つまり、痛みを根本的に治すためには、原因をどんどん辿っていって、その根っこの問題を解決する必要があるのです。そうしなければ、いつまでも「痛みが治っては再発する」を繰り返すことになってしまうのです。

そして、股関節の異常の原因の一つが、良くない姿勢や歩き方です。したがって、姿勢や歩き方を正しくすることが、股関節痛を根本的に治していくことに繋がっていくのです。

このようにして、痛みの原因の根っこの問題を解決していくという意識を持っていれば、痛みは根本的に治りやすくなっていきます。

次回予告

次回は、東京のセラピストに股関節痛を診てもらったお話し、ロキソニンを止めてみたお話しなどです。

私は東京のセラピストに言ってもらった言葉によって、希望が芽生え、生きる意欲が湧き上がってきました。痛みを治すには、このようなポジティブな感情になる言葉をかけてくれる人と一緒にいることも大切です。反対に、ネガティブな感情になるような言葉を言ってくる人とは離れるか、そのような言葉は気にしないようにした方が良いです。

私の股関節痛は、東京のセラピストに股関節周囲の筋肉を強く揉みほぐしてもらうことで、楽になっていきました。意外にもこんな単純なことで、痛みは軽くなっていくのです。

痛みは、身体の異常を知らせる警告信号です。ロキソニンなどの痛み止めの薬は、その警告信号を切ってしまうものです。なので、痛み止めの薬をずっと使い続けていると、気づかないうちに身体がダメージを受けることになってしまいます。ですので、痛みが楽になってきたら、痛み止めの薬の断薬や減薬にチャレンジした方が良いです。

長引く痛みが治っていくパターンで多いのが、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら全体的には良くなっていく、というものです。なので、ときどき痛みが悪化しても、気にせず淡々と長引く痛みを治すために正しいことを行っていくことが大切です。

続きは、記事【股関節痛を自分で治すチャレンジ開始!試行錯誤の日々】私の股関節痛物語⑤

 

私のサポート「痛みセラピー」を利用して、股関節、腰、膝の長引く痛みを、自分自身で根本的に治したい方は、こちらのページをご覧下さいね。⇒https://feuno.com/apply-for-therapy

★LINE公式アカウント

私のLINE公式アカウントをLINEで友だち追加すると、新着記事のお知らせやイベントなどの最新情報を受け取ることが出来ます。下のボタンをクリックして、是非友だち追加して下さいね~♪(^^)/

友だち追加
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です