【腕をしっかり振って歩くのは正しい歩き方?】歩き方のしくみ②

歩行、これは自分自身の身体機能を使って身体を移動させるものですが、歩行中の身体は機能的に2つのユニットに分かれています。

それは、ロコモーターユニットパッセンジャーユニットです。

ロコモーターユニットとパッセンジャーユニット

ロコモーターユニットとは、骨盤より下の部分のことで、骨盤と両脚で構成されています。

これらは次に説明するパッセンジャーユニットを「運ぶ」部分であり、歩行に直接貢献しています。

パッセンジャーユニットとは、骨盤より上の部分のことで、頭、首、体幹、骨盤、両腕で構成されています。

これらは歩行に直接貢献するというよりは、「運ばれている」部分であります。

骨盤は、ロコモーターユニットにもパッセンジャーユニットにも属しています。

ロコモーターユニットの働き

歩行は主に脚を動かして身体を移動させることなので、当然ながら、ロコモーターユニットの働きがとても重要です。

ロコモーターユニットは、身体を目的地へ運ぶとき、次の4つの機能を遂行しています。

①直立姿勢の安定
②推進力の生成
③衝撃の吸収
④エネルギーの温存

パッセンジャーユニットの働き

一方、パッセンジャーユニットは、ロコモーターユニットの働きによって「運ばれている」部分ではありますが、歩行時の安定した姿勢を保つために、とても大切な働きをしています。

ただし、積極的に働いているものではなく、受動的に働いているものです。

歩行時に腕が前後に振られるのは、歩行時の安定した姿勢を保つためのものであり、腕は受動的に振られている状態が正しい歩き方、ということになります。

したがって、能動的に積極的に腕を振る歩き方は、エネルギー消費の少ない歩行、すなわち正しい歩き方とは異なるものです。

「しっかり腕を振って歩こう」というのは、実は正しい歩き方としては間違っているのです。

次回からは、ロコモーターユニットの4つの機能について説明していきます。(^^)/

 

↓「歩き方や姿勢のしくみ」記事一覧はこちら
http://feuno.com/category/gait-posture-mechanism

 


股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ