股関節痛は病気として捉える

★ふなこしの股関節痛コラム

股関節痛のイメージとして、次のどちらの方が近いでしょうか?

「骨折」か「病気」か

僕が思うに、多くの人は骨折のようなイメージを持っている気がします。

骨折は骨が折れている状態のことで、治すためには骨をくっつけて元通りにすれば良い、となります。

股関節痛について骨折のようなイメージを持っていれば、股関節痛の治し方も骨折の治し方と同じようなイメージを持つことになります。

変形した股関節を本来の股関節の形状にすれば良い、というイメージ。

しかし、実際は違うのです!股関節痛は骨折とは全く異なります。なぜなら「股関節痛=関節の変形」ではないからです。

関節が変形していても痛みのない人がいることが、その証です。

股関節痛に対して持って欲しいイメージは、骨折ではなく病気です。

病気とは、心身の不調によって起こる症状に苦しむこと。

なので、病気のイメージを持っていると、股関節痛を治すために、股関節だけでなく体のことへ意識が向くようになります。

すると「股関節痛を治すために体を良くしよう」となり、治る方へどんどん進んでいくことになります。(^^)/

★まる分かり股関節痛セミナー

まる分かり股関節痛セミナー

★股関節痛プレミアム(施術&歩き方指導)

股関節痛プレミアム

股関節痛が治るレポート無料プレゼント中!

手術宣告された股関節痛でも、手術せずに治せる可能性が十分にあります。私(管理人)が書いたレポート「股関節痛が治る最短ルート」では、私が経験した股関節痛だけではなく、他の長引く痛みも自分自身で治してしまった実例をあげ、股関節痛を最速最短で確実に治すために必要なことは何かについて、お話ししています。

股関節痛について本当のことを知って欲しいので、無料でプレゼントしています。是非受け取って下さいね!下のボタンをクリックして受け取りページに進んで下さい。(^^)/


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。