【私の股関節痛の始まり、そして、人工股関節の手術宣告!】私の股関節痛物語①

股関節レントゲン写真

私は、独自の「痛みセラピー」によって、股関節、腰、膝などの長引く痛みを、自分自身で治すことができるようサポートさせて頂いています。これまで数百人以上の方々に、様々な施術やアドバイスを行い、痛みを治せるよう導かせて頂きました。

その内容は多岐に渡り、マッサージ骨格調整姿勢や歩き方の指導ファスティング(断食)のサポート、食事などの生活習慣のアドバイス心のケアなどを行っています。

私が「痛みセラピー」によって、痛みに苦しんでいる多くの方のお役に立てるようになっているのは、私自身の苦悩があったからです。その苦悩の一つが、私自身に起こった「股関節痛」です。

私はこの「股関節痛」による苦悩を、日記のように記録していました。その記録を、同じような痛みに苦しんでいる方の励みになるよう、物語風に公開していきます。題して「私の股関節痛物語」。(^^)/

また、記事ごとに痛みを治すためのポイントなどをお話しさせて頂きますので、是非ご活用下さいね♪(^o^)/

股関節痛の始まり&人工股関節手術宣告

1.全てはここから始まった、股関節痛発生

私は2010年4月から、理学療法士として名古屋市内の急性期総合病院で、リハビリの仕事をしていました。毎日様々な疾患の患者さんに、元の生活を送れるよう、いろいろな手技を使ったリハビリや、立ち方や歩き方の指導をしていました。それらは、リハビリの訓練室で行うこともあれば、病室やICU(集中治療室)で行うこともあり、病院内を動き回っていました。

そんな中、私の体に異変が起こりました!2011年11月上旬、歩くときに、右の股関節に痛みが出るようになったのです!右足を踏み切るときに電気が走るような痛みが出るのです。このことは、朝、出勤するときに気づきました。

しばらく様子をみることにしましたが、3週間ぐらい経っても痛みは引いていきません。痛みが引くどころか、痛みが出ないように歩いていたため姿勢が悪くなり、腰も痛くなってきて、足の指先がしびれてくるようになりました。

2.大学病院でTHAの手術宣告!

痛みが出始めてから約4週間後の12月2日、大学病院の整形外科を受診しました。X線写真を撮り、それを見た医師は私に告げました。

医師:「外傷性変形性股関節症ですね。」

:「ん・・・」

確かにX線写真をみると、右の股関節が左と比べて変形しています。

股関節レントゲン写真

写真:私のX線写真

変形性股関節症、職場では頻繁に耳にする言葉でした。

医師:「これは人工股関節全置換術(THA)の適応ですね。欧米だとすぐに手術のケースです。」

:「え!・・・」

私が勤務していた職場では、股関節や膝関節の「人工関節全置換術」という手術を積極的に行っていました。関節を丸ごと人工のものへ交換する手術です。

人工股関節にすると、その股関節が脱臼しないように、股関節の動きに制限をかけ、強い力が加わらないようにしなければいけません。つまり、思いっきり身体を動かすことが出来なくなります。少なからず日常生活に支障が出るようになります。比較的激しいスポーツは出来なくなります。

特に、深くしゃがむことは厳禁になります。リハビリの仕事では、患者さんを車いすからベッドに移乗するときなど、深くしゃがむことが多いため、リハビリの仕事も出来なくなってしまうのです。人工股関節にすると、私の生活は一変してしまうのです!!

医師:「まぁ、今回の痛みがこの変形性股関節症そのものから生じているかは分かりません。もしかしたら股関節唇損傷が存在し、そのための痛みかもしれません。これについても、別の検査、造影MRIをしてみないと分かりません。」

「股関節唇損傷の場合、鏡視下手術をすることになります。ただ、この手術をしたからといって、痛みがとれるかどうかは分かりません。いずれにしても、将来的には人工股関節となるでしょう。」

:「ぁ・・・(放心状態)」

まさか自分が、馴染みある“あの”人工股関節になるとは、思いもしませんでした。医師からの立て続けの「不幸なお知らせ」に圧倒され、ショックで何も考えられなくなってしまいました。手術を宣告される患者さんの気持ちが、少し分かった気がしました。。。(>_<)

今回のお話しのポイント

関節変形でも痛みは治るから希望を持とう!

私は医師の診断を受けたとき、かなりのショックを受けて、「俺の人生は終わった・・・」ぐらいに感じていました。このとき37歳。

しかし実際は、股関節の変形が痛みの直接的な原因ではありません。私の股関節はいまだに変形していますが、痛みは全くありません。これが何よりの証拠です。

私がこれまでサポートさせて頂いた、変形性股関節症の方や股関節唇損傷の方も、変形や損傷そのものはそのままでありながら、痛みがどんどん消えていっていきました。

ですので、医師の診断を受けてかなりのショックを受けていても、希望を持って下さいね!!(^^)/

次回からは、手術宣告された痛みでも手術せずに治すことが出来るという、希望がたくさん持てるお話しが目白押しです。是非楽しみにして下さいね♪

次回予告

次回は、私が遥か昔に遭った交通事故と、私の股関節痛を診察した医師からポロっと出た興味深い発言についてのお話しです。

私は以前に、交通事故で大怪我をし、3週間ベッドで寝たきり状態となり、3ヶ月間入院していたことがあります。これによる身体への影響をお話しします。

また、私の股関節痛を診察した医師の言葉から、現在の医療の実情を垣間見ることが出来ました。お医者さんにも分からないことが少なからずある、ということをお話しします。

続きは、記事【股関節痛の原因は16年前の交通事故にあった??】私の股関節痛物語②

 

私のサポート「痛みセラピー」を利用して、股関節、腰、膝の長引く痛みを、自分自身で根本的に治したい方は、こちらのページをご覧下さいね。⇒https://feuno.com/apply-for-therapy

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です