私の股関節痛の始まり、そして、人工股関節の手術宣告!

股関節レントゲン写真

私は、独自の「痛みセラピー」によって、股関節、腰、膝などの長引く痛みを、自分で治すことができるようサポートしています。

これまで数百人以上の方々に、様々な施術やアドバイスを行い、痛みを治せるよう導いてきました。

その内容は多岐に渡り、マッサージや骨格調整、姿勢や歩き方の指導、ファスティング(断食)のサポート、食事などの生活習慣のアドバイス、心のケアなどを行っています。

私が「痛みセラピー」によって、痛みに苦しんでいる多くの方のお役に立てるようになっているのは、私自身の苦悩があったからです。

その苦悩の一つが、私自身に起こった「股関節痛」です。

私はこの「股関節痛」による苦悩を、日記のように記録していました。

その記録を、同じような痛みに苦しんでいる方の励みになるよう、物語風に公開していきます。

是非ご参考にして下さいね。(^^)/

全てはここから始まった・・・股関節痛発生

私は2010年4月から、理学療法士として名古屋市内の急性期総合病院で、リハビリの仕事をしていました。

毎日様々な疾患の患者さんに、元の生活を送れるよう、いろいろな手技を使ったリハビリや、立ち方や歩き方の指導をしていました。

それらは、リハビリ室で行うこともあれば、病室やICU(集中治療室)で行うこともあり、病院内を動き回っていました。

そんな中、私の体に異変が起こりました!

2011年11月上旬、歩くときに、右の股関節に痛みが出るようになったのです!

右足を踏み切るときに電気が走るような痛みが出るのです。

このことは、朝、出勤するときに気づきました。

しばらく様子をみることにしました。

3週間ぐらい経っても痛みは引いていきません。

痛みが引くどころか、痛みが出ないように歩いていたため姿勢が悪くなり、腰も痛くなってきて、足の指先がしびれてくるようになりました。

大学病院でTHAの手術宣告!

痛みが出始めてから約4週間後の12月2日、大学病院の整形外科を受診しました。

X線写真を撮り、それを見た医師は私に告げました。

医師:「「外傷性変形性股関節症」ですね。」

:「ん・・・」

確かにX線写真をみると、右の股関節が左と比べて変形しています。

股関節レントゲン写真

写真:私のX線写真

「変形性股関節症」、職場では頻繁に耳にする言葉でした。

医師:「これは人工股関節全置換術(THA)の適応ですね。欧米だとすぐに手術のケースです。」

:「え!・・・」

私が勤務していた職場では、股関節や膝関節の「人工関節全置換術」という手術を積極的に行っていました。

関節を丸ごと人工のものへ交換する手術です。

人工股関節にすると、その股関節が脱臼しないように、股関節の動きに制限をかけなければいけません。

つまり、思いっきり身体を動かすことが出来なくなります。

激しいスポーツをすることが出来なくなります。

医師:「まぁ、今回の痛みがこの変形性股関節症そのものから生じているかは分かりません。」

「もしかしたら「股関節唇損傷」が存在し、そのための痛みかもしれません。」

「これについても、別の検査、「造影MRI」をしてみないと分かりません。」

「「股関節唇損傷」の場合、鏡視下手術をすることになります。」

「ただ、この手術をしたからといって、痛みがとれるかどうかは分かりません。」

「いずれにしても、将来的には人工股関節となるでしょう。」

:「ぁ・・・(放心状態)」

まさか自分が、馴染みある“あの”人工股関節になるとは、思いもしませんでした。

医師からの立て続けの「不幸なお知らせ」に圧倒され、ショックで何も考えられなくなってしまいました。(>_<)

手術を宣告された患者さんの気持ちが、少し分かった気がしました。。。

続きは、記事「股関節痛の原因は16年前の交通事故にあった・・・??」


股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ