【直立姿勢で歩くことができる身体は曲芸師!】歩き方のしくみ③

記事【腕をしっかり振って歩くのは正しい歩き方?】歩き方のしくみ②でお話ししたように、私たちが歩くときは、ロコモーターユニットが次の4つの機能を遂行しています。

①直立姿勢の安定
②推進力の生成
③衝撃の吸収
④エネルギーの温存

今回は、「①直立姿勢の安定」についてお話しします。(^^)/

①直立姿勢の安定

直立姿勢は至難の業

みなさんご存知ように、私たちの身体は、多くの骨が連結されて形作られています。

そして、私たちが立ったり歩いたりするときは、この身体を直立させています。

身体を直立させるということは、骨を上に積み重ねていくということです。

イメージしてもらえれば分かると思いますが、ただ単に骨を積み重ねることは、非常に難しいです。

なぜなら、その骨の先端は、多くは平らではなく丸みを帯びているからです。

丸い物の上に丸い物を重ねていくのは、至難の業です。

タマゴを縦に積み重ねていこうとしているところをイメージして下さい。

ほぼ不可能だということは簡単に分かると思います。

しかし私たちは、これを実現させているのです!!

では、どのようにして実現させているのでしょうか??

筋肉のコントロールで直立可能に

骨の連結部は、関節と呼ばれています。

骨を積み重ねていくためには、この関節を固定する必要があり、私たちはそれを行い身体を直立させているのです。

この関節を固定する役割を担っているのは、筋肉靱帯です。

そして、私たちが意識的にコントロールできるものは、筋肉だけです。

つまり、私たちは数多くの筋肉の力加減を適切にコントロールさせることによって、骨を積み重ねて直立姿勢を実現させているのです。

ちなみに、私たちの身体にある筋肉の数は、600個以上にもなります。

ロコモーターユニットは曲芸師

さて、先端が丸まっている骨を、倒れないように積み重ねて直立させるだけでも大変なことですが、歩行時は姿勢が常に変化しているので、さらに大変なことになります。

特に脚の骨は細長く縦に積み重なっていて倒れやすいため、筋肉の絶妙なコントロールがリアルタイムで必要となるのです。

まさに、「曲芸」レベルのことを行う必要があるのです。

この「曲芸」レベルのことを実行しているのが、ロコモーターユニットです。

ロコモーターユニットは、この高度で絶妙な筋肉のコントロールを、歩行時に常に行っているのです。

ということで、正しい歩き方を身につけるには、このロコモーターユニットが何をしているのかを知って、その機能を適切に発揮させる必要があるのです。

次回からは、推進力の生成について説明していきます。(^^)/

 

↓「歩き方や姿勢のしくみ」記事一覧はこちら
http://feuno.com/category/gait-posture-mechanism

 


股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ