股関節痛に関係する扁平足の治し方

★ふなこしの股関節痛コラム

僕がこれまで診させて頂いた方の中には、扁平足の方が何人かいらっしゃいました。

扁平足は足の土踏まずの部分が潰れてしまい、ぺったんこになっている状態です。

扁平足になると、足や足首に痛みが出るようになったり、足が疲れやすくなったりして、普段の生活が辛くなります。

そして、扁平足だと、股関節痛になりやすくなってしまいます・・(^^;)

土踏まずは、そこを通っている筋肉の力によって作られるので、この筋力の低下が扁平足の原因とよく言われています。

でも僕は、それ以上に重要な原因があると思います。

それは、立ち方です。具体的には、立っているときの足への体重の掛け方です。

やってみれば分かるのですが、立っているときに体重を足のどこに掛けているかで、土踏まずの高さは変わります。

つま先寄りに掛けると土踏まずは潰れていき、踵寄りに掛けると高くなります。

つまり、扁平足は、つま先寄りに体重を掛けることでなりやすい、ということです。

なので、扁平足を治すためには、立ち方を見直すこと、すなわち、正しい立ち方を身に付けることが、とても重要なのです。(^^)/

★まる分かり股関節痛セミナー

まる分かり股関節痛セミナー

★股関節痛プレミアム(施術&歩き方指導)

股関節痛プレミアム

股関節痛が治るレポート無料プレゼント中!

手術宣告された股関節痛でも、手術せずに治せる可能性が十分にあります。私(管理人)が書いたレポート「股関節痛が治る最短ルート」では、私が経験した股関節痛だけではなく、他の長引く痛みも自分自身で治してしまった実例をあげ、股関節痛を最速最短で確実に治すために必要なことは何かについて、お話ししています。

股関節痛について本当のことを知って欲しいので、無料でプレゼントしています。是非受け取って下さいね!下のボタンをクリックして受け取りページに進んで下さい。(^^)/


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。