【股関節痛でもサーフィンできた!!】私の痛み⑨

この記事は、記事【筋筋膜性疼痛症候群であるなら手術の必要はほとんどない】私の痛み⑧の続きです。

サーフィンの予感♪

4月下旬、少しずつ暖かくなってきて、いよいよ海に出かけれそうな季節になってきました。

私の趣味の一つに、サーフィンがあります。

このときから2年ほど前に始めました。

股関節痛が生じてから、「しばらくサーフィンはできないかもしれない・・・」と思っていました。

それが少しずつ、「サーフィンができるかもしれない♪」に変わっていきました。

なぜなら、痛みが軽くなっていくのを実感しているからです。(^^)

5月の連休明けに、友達とサーフィンに行くことにしました。

それに向けて、“身体づくり”をしていきました。

腹筋運動、背筋運動、腕立て伏せ、踵上げ運動、セラバンド(ゴムのバンド)を使ったパドリング練習(水かき運動)などを行いました。

スクワットもしたかったのですが、股関節痛が生じてすぐのころにスクワットをしたら痛みが強くなったのでしませんでした。(^_^;)

股関節痛になってから、初めてのサーフィン

5月8日、朝早くに家を出て、3時間ぐらいかけて海に着きました。

ウエットスーツに着替えて、海辺に向かいました。

防風林の間を歩き、その隙間からいつもの海が見えてきました。

「海だ~!!」

嬉しくてたまりませんでした♪

砂浜でストレッチをしながら海に入る準備をしました。

「またここに来れるとはな~♪嬉しいな!でも、股関節の痛みが酷くならないか心配だな・・・」

砂浜から打ち寄せる波を眺めていると、嬉しい気持ちの中にも、少し不安な気持ちも出てきて、なんだか複雑な気持ちになってきました。(^_^;)

海に入って、波に乗ってみました。

去年と同じようにサーフボードの上に立つことができました♪

「気持ちいい~!」(^^)/

岸まで波に流され、サーフボードから降りました。

するとそのとき、右の股関節に痛みを感じました!

激痛ではなかったので、そのままサーフィンを続けました。

しかし、サーフボードから降りるとき、ときどき同じ痛みを感じました。

「ん~、何でだろう??」

どうやら、サーフボードから降りるときに、右の股関節が深く曲がったときに痛みが出るようでした。

サーフボードから降りるとき、いつも左足を先に下していました。

すると、右足がサーフボードに残ったままとなるので、体が落ちていくにつれて右の股関節が深く曲がっていくことになります。

サーフィンを終えて車での帰り道、股関節に痛みを生じさせてしまったことに、少し不安を感じていました。

「今回の痛みが、今後の回復に悪い影響を及ぼさなければいいんだけど・・・(>_<)」

その後、日常生活に支障が出るような痛みは出ませんでした。(^^)

ただ、右の股関節を深く曲げると痛みが出ます。

この痛みは、サーフィンをする前からあった痛みでもあります。

悪い影響が出なくてホッとしました♪

ということで、私はこれまで通り、せっせと筋肉をほぐしたりストレッチしたり、姿勢や歩き方を整えていきました。(^^)/

ちなみに、友達に「いつもサーフボードからはどうやって降りてるの??」と聞いてみると、両足を一緒に下しているとのことでした。

次回からはそのようにしようと思いました。(^^)

股関節痛になってから、2回目のサーフィン

そして5月31日、またサーフィンに行きました。(^^)/

このときは、右の股関節を大きく曲げないように気を付けていたので、前回のような痛みは出ませんでした♪

ただ、今回サーフィンに行く数日前ぐらいに、ストレッチのしすぎか、右の大腿直筋の骨盤側の付け根あたりに、痛みが出るようになっていました。(^_^;)

歩くときに、右脚が後ろになるとき、大腿直筋が引き伸ばされるときに、痛みがときどき出るようになりました。

でも、この痛みは歩き始めてから10秒ほどすると、軽くなり消えていきました。

この大腿直筋の痛みは、今回のサーフィンにはあまり影響はありませんでしたが、その後、しばらく過激な(?)ストレッチはしないようにしました。

その後、大腿直筋の痛みは軽くなっていきました♪

そして、右の股関節を大きく曲げても、以前ほど痛みが出なくなっていきました。

さらに、痛みなく、あぐらをかけるようになりました~!

これらは、筋肉をほぐしたり、姿勢や歩き方を直したりした成果なのではと思いました。(^^)v

股関節痛になってから、3回目のサーフィン

次は6月14日に、サーフィンに行きました♪

このシーズン、初めての青空でのサーフィンでした。

仰向けになって、サーフボードにつかまりながら、海の上を漂い、きれいな青空を眺めているだけでも満足できる、楽しい時間を過ごせました。(^^)

このときの波はやや荒れていて、波の力を捉えにくかったですが、波の数が多く、十分に遊ぶことができる波でした♪

股関節の痛みですが、大腿直筋の骨盤の付け根付近の痛みはまだありました。

しかし、日常生活にはあまり影響ありませんでした。

今回サーフィンをしているときも、痛みが出ないように気を付けているためか、痛みはほとんど感じませんでした。

もっとも、サーフィンが楽しいから、痛みを感じないようになっているのかもしれませんが。(^_^;)

痛みを感じないことは、良いことですね!!

ただ、痛みどめの薬やお酒などを飲んでいるとき、興奮しているときなど、痛みを感じにくくなっているときには、あまり無理な動作はしない方が良いと思います。

痛みは感じていなくても、傷んでいるところがまだ治っていない場合があります。

そんなときに無理なことをすると、傷口を広げてしまうような結果になりかねません。。。

こんなことを言うと、「できるだけ安静におとなしくしていないといけない」と思ってしまいそうですが、そうではありません。

安静にするのは傷めているところだけで、全身的には活動している方が血流が良くなって、痛みは治りやすくなります。(^^)/

下の写真は、このときに撮った写真です。

この青い空や海のように、痛みなく、清々しく暮らしていきたいですね!!(^o^)/

そして、ぎっくり腰に・・・

と、このとき思っていた矢先、サーフィンから帰って次の日の朝、ウエットスーツを洗っていたら、ぎっくり腰になってしまいました。(>_<)

腰が痛くて、顔をまともに洗うこともできませんでした。

腰の痛みが強すぎて、股関節の痛みなど、どこかに行ってしまいました(苦笑)。

このときからしばらく、腰の痛みと付き合っていくことになってしまいました。。。(^_^;)

続きは、記事【股関節痛から半年後、1年後、3年後、そして・・・】私の痛み⑩


股関節、腰、膝の痛みセラピー
セラピーサロン『Feuno(フーノ)』名古屋
ふなこしのりひろ